男子旅 行こうぜ、台北!

print
男子旅 行こうぜ、台北!

企画構成/高田雅子 文/高田雅子 写真/季子弘・黄念慈・宋育玫

男子旅 行こうぜ、台北!

 

男子旅 

行こうぜ、台北!

男子たるもの、旅先でローカルの暮らしに飛び込んで、ディープに街を歩いてみたい。普段着の台北を歩いて、生活の匂いと味に触れる。本物の台湾茶を味わって、観光客のいない食堂でローカルグルメに舌鼓。温泉銭湯でローカルと汗を流したら、台湾式カラオケやエビ釣りにチャレンジ! 気の合う仲間同士でワイワイ、アクティブに台湾を遊びつくそう!

 

 

7:30
朝の健康歩道体験!

朝一番、目が覚めたら中正紀念堂へ。まだ眠い身体に活を入れるべく、台湾式健康法にチャレンジだ。健康歩道には丸みを帯びた平らな石がぎっしり。靴を脱いで歩くと、足の裏の様々なつぼが刺激されて頭も身体もすっきり。いざ、街へ飛び出そう!

痛いけど、気持ちいい!

痛いけど、気持ちいい!

中正紀念堂 健康歩道
台北市中正区中山南路21号(中正紀念堂大孝門わき)

 

 

8:00
ローカルの生活に触れる

南門市場 男子旅

伝統市場の「南門市場」は40年近くMRT中正紀念堂駅上で営業していたが、2019年10月に建て替え工事のため中正紀念堂裏手に移転した。2022年まで「中継市場」として営業する。現在の新しい建物内は、乾物、生鮮食品、総菜、服飾品などの商品が整然と並んでおり、通路も広くて歩きやすい。珍しい食材や料理を見るだけでも、ローカルの生活ぶりがうかがえて興味深い。

南門市場

南門市場

南門市場(中継市場)
台北市大安区杭州南路二段55号
7:00-19:00、火曜休場

 

 

9:00
ローカルと豆乳で朝食

青島豆漿店 男子旅

中正紀念堂そばで40年以上愛され続けている「青島豆漿店」は、毎朝長い行列ができる人気店。豆乳に酢や干しエビを加えた塩味のおぼろ豆腐風の「鹹豆漿」は、食べ応えもあって朝食にぴったり。パイのような生地でジューシーなネギ入り豚肉餡を包んだ「肉餅」や、たっぷりのニラ、春雨、干し豆腐を包んだ「韭菜盒」も人気。ローカルと一緒に、朝のエネルギーをチャージしよう!

鹹豆漿

鹹豆漿

肉餅

肉餅

韭菜盒

韭菜盒

青島豆漿店

青島豆漿店
台北市中正区杭州南路一段139-3号
+886-2-2393-4958
5:30-11:30、第二・第四日曜定休
※日本語メニューあり

 

 

10:00
歴史ある問屋街を歩く

迪化街 男子旅

台北駅からほど近い大稲埕エリアは、清代末期から日本時代にかけて淡水河の水運により大いに繁栄した港町だった。現在も迪化街一段を中心に、乾物、漢方薬、布地を扱う老舗問屋が残っており、リノベーションを経てカフェやショップに生まれ変わった商館も多い。珍しい漢方薬や乾物、茶器や雑貨が並ぶショップを1軒ずつゆっくり見て回ったり、レトロ建築カフェで台湾茶やコーヒーを味わったり。懐かしい雰囲気が漂う散策が楽しいエリアだ。

迪化街 男子旅

迪化街 男子旅

迪化街

台北市大同区迪化街一段

 

 

11:00
本物の台湾茶を味わう

林茂森茶行 男子旅

石碇の茶農家出身で、1883年に大稻埕で茶葉問屋を開いた林萬興氏の四代目の子孫にあたる林茂森氏が新たに立ち上げた茶葉店。100年の歴史に裏打ちされた確かな技術で作る高品質な茶葉を良心的な価格で提供している。店舗は伝統とモダンが融合したスタイリッシュな空間。顧客が選んだ茶葉をその場で計量して包装するので、納得の茶葉選びができる。オーナーのおすすめは爽やかな香りと甘みが楽しめる坪林の包種茶。高山烏龍茶や東方美人茶なども人気。

林茂森茶行

包種茶

気になる茶葉は、ぜひ試飲してみたい

気になる茶葉は、ぜひ試飲してみたい

気になる茶葉は、ぜひ試飲してみたい

林茂森茶行
台北市大同区重慶北路二段195-3号
+886-2-2557-9887
8:30-21:00
 www.linmaosen.com
※簡単な日本語可

 

 

12:00
ローカル御用達の牛肉麺を食す!

午後は台北が誇る温泉郷「北投温泉」エリアへ。散策に出かける前に、MRT北投駅近くのローカル御用達グルメで昼食にしよう。「志明牛肉拉麺」は北投で屈指の人気を誇る牛肉麺店。看板メニューは塩ベースの透明スープに九層塔(台湾バジル)が香る「清燉牛肉麺」。しっかり味が好みなら、醤油ベースの「紅焼牛肉麺」もおすすめ。どちらも味わい深いスープと柔らかく煮込まれた牛肉、弾力のある麺が絶妙のバランスだ。

志明牛肉拉麺 北投総店 男子旅

志明牛肉拉麺 北投総店

志明牛肉拉麺 北投総店
台北市北投区中央北路一段228巷3号
+886-2-2892-9758
11:00-24:00

 

 

13:30
木造駅舎でタイムトリップ

旧台湾鉄道新北投駅

昼食後は散策しながらMRT新北投駅へ。駅の傍らに佇む「旧台湾鉄道新北投駅」の駅舎は檜造りの和風建築。日本時代の1916年に開業し、1988年のMRT建設に伴い彰化県に移築されていたが、2016年に現在の場所に再移築された。ホームやレールも復元されており、車両や駅舎内では歴史資料の展示が行われている。古い車両の座席に座って、昔の新北投に思いを馳せてみよう。駅舎前では手湯も体験できる。

旧台湾鉄道新北投駅 男子旅

旧台湾鉄道新北投駅

旧台湾鉄道新北投駅

旧台湾鉄道新北投駅
台北市北投区七星街1号
10:00-18:00、月曜休館
 入館無料

 

 

14:00
温泉郷の歴史を学ぶ

北投温泉博物館 男子旅

「北投温泉博物館」は、MRT新北投駅向かいの北投公園内でひときわ目を引く建物。もとは1913 年に日本人が伊豆山温泉を模して建てた公衆浴場で、畳敷きの広間や公園を見渡せるバルコニー、洋風の部屋などがある和洋折衷建築だ。なかでもステンドグラスに囲まれた華麗な大浴場は必見。北投の歴史を紹介する文物や日本の玉川温泉と北投にしか存在しない「北投石」もじっくり見学したい。

北投温泉博物館

北投温泉博物館

北投温泉博物館
台北市北投区中山路2号
+886-2-2893-9981
火曜-日曜9:00-17:00、月曜・祝日休館(祝日が土日に当たった場合は開館)
 入館無料

 

 

15:00
温泉でリフレッシュ!

観光スポットをめぐったら、北投温泉博物館近くの「瀧乃湯」へ。日本時代に開業した公共浴場の営業を受け継いだ日本式の温泉銭湯だ。泉質は北投石が生み出した貴重な酸性泉「青硫黄泉」。微量の放射性元素「ラジウム」を含み、皮膚病や筋肉痛に効果があるという。入浴セットも販売しているので手ぶらでもOK。ローカルに混じって温泉に浸かれば、歩き疲れた身体がほぐれてリフレッシュできる。湯上りは縁側で公園の緑を眺めながらのんびり休憩しよう。

ひと風呂浴びようぜ! 男子旅

ひと風呂浴びようぜ!

あち~っ!

あち~っ!

瀧乃湯
台北市北投区光明路244号
6:30-21:00、水曜定休(臨時休業はFacebook で告知)
 入浴料NT$150 /入浴セットNT$120
 www.facebook.com/longnice

 

 

17:00
台湾式カラオケで熱唱!

台北市中心部に戻ってきたら、台湾式カラオケをカフェ利用して休憩タイム。台湾のカラオケルームは各部屋に化粧室付き。個室から移動することなく時間を効率よく使える便利なつくりだ。価格も3時間で1人あたりNT$300前後と激安で、食事メニューも豊富。店舗によっては食べ放題のビュッフェバーまであり面白い。

銭櫃 松江店 男子旅

銭櫃 松江店
台北市中山区松江路199号
+886-2-2503-1688
11:00-7:00
 ミニマムチャージ:カラオケ1人3時間NT$239から・飲食1人NT$69から(2人以上から受付)/サービス料:10%/カード:可、予約:可
 www.facebook.com/cashboxparty(中国語)
※各店時間帯別料金表など詳細は公式サイトを参照
※MRT西門駅そばの中華新館にはビュッフェバーあり

 

 

20:00
釣り堀でエビ釣り対決!

釣れた! 男子旅

釣れた!

1日の締めくくりは、台湾で夜の遊びとして人気の「エビ釣り」を体験! 郊外にあることが多いエビ釣り場だが、MRT行天宮駅近くの「全佳楽釣蝦場」は台北のど真ん中。夕方になると太公望たちがやってきて釣り堀に釣り糸を垂らしエビと真剣勝負を繰り広げる。釣ったエビはその場で焼いて食べることができ、調理もオーナーにおまかせできる。残念ながら釣れなかった場合はエビを買って調理してもうこともできる。初めてだとエサや竿の扱いが難しいが、オーナーが親切に教えてくれるので安心。気軽にトライしてみよう。

面白い!

面白い!

釣ったエビは塩焼きに

釣ったエビは塩焼きに

ビールが最高!

ビールが最高!

全佳楽釣蝦場
台北市中山区錦州街190号
+886-2-2564-2928
17:00-3:00
 エビ釣り:1人1時間NT$300/調理代:1人NT$50

 

 

こちらもおすすめ

女子旅 in 台北 ―大稲埕・龍山寺・中山―

女子旅 in 台北 ―大稲埕・龍山寺・中山―

 

冬の女子旅 よくばり1DAYトリップ

冬の女子旅 in 台北 よくばり1DAYトリップ

 

 

男子旅 台北 マップ

 

 

※掲載情報は取材時のものであり、現在の情報とは異なる場合があります。

 

Vision Creative Marketing & Media Co. Unauthorized use and/or duplication of content on this site without permission from this site’s author and/or owner is strictly prohibited. Excerpts and links may be used, provided that full and clear credit is given to Vision Creative Marketing & Media Co. with appropriate and specific direction to the original content.