欧華酒店 (ホテル・リビエラ)

欧華酒店  (ホテル・リビエラ)

文/高田雅子 写真/邱欽煌・欧華酒店

欧華酒店  (ホテル・リビエラ)

 

欧華酒店(ホテル・リビエラ)

優雅な南フランスのくつろぎ

台北市中心の林森北路と民族東路の交差点に位置する。繁華なエリアにありながら、ホテル正面は花博公園に面し、エントランスをくぐると静かで落ち着いた空間が広がる。設計を手がけたのは、世界的に有名な建築家Gerard Jardonnet。壁や天井の白と木目を基調とした暖かな色合い、柱や梁の随所に施された柔らかな曲線が、フランス南部のゆったりした優雅さをかもし出す。館内には西洋絵画とともに中国骨董品などが飾られ、オリエンタルな色合いを添えている。

 

座ってゆったりチェックインできるフロント

座ってゆったりチェックインできるフロント

 

 

FACILITIES

ロビーから最上階まで吹き抜けのアトリウムになっており、どの階にも柔らかな自然光が届く。吹き抜けや館内のあちこちに鉢植えの植物があしらわれ、緑の潤いを生んでいる。最上階の温室風リビング「曜廷ガーデン」や各フロア吹き抜けわきにはゆったりしたソファ。2階のビジネスルームと曜廷ガーデンにはパソコンが置かれ、全館にWiFiも完備。ゲストは好みの場所で自宅にいるようにくつろいで仕事や旅の情報収集ができる。

自然光が心地よい吹き抜け

自然光が心地よい吹き抜け

各階ごとに異なるデザインのソファと絨毯

各階ごとに異なるデザインのソファと絨毯

自然光が降り注ぐ曜廷ガーデン

自然光が降り注ぐ曜廷ガーデン

会議室も備えるビジネスセンター

会議室も備えるビジネスセンター

屋上は、緑あふれる庭園。松山空港に近く、草花やハーブが風にそよぐ屋上庭園の上空を、時おり飛行機が通過していく。庭園隣接のジムで青空を眺めながら体を動かすのも気持ちがいい。雨水循環利用の屋上緑化がビル全体の温度を下げるため、全館の冷房は通年28度設定。環境に配慮したホテル設計・運営が認められ、リビエラホテルは台湾で唯一、LEEDグリーンビルディング・ゴールド認証を取得している。

屋上庭園

屋上庭園

開放感のあるフィットネスルーム

開放感のあるフィットネスルーム

 

 

GUEST ROOM

客室は全112室。すべての部屋に外向きの窓が設けられている。家具や備品は、イギリスなどヨーロッパブランドのものを中心に、開業当時から丁寧に磨き上げられてきたものが多い。ソファの外張りやカーテンなどのファブリックは定期的に交換されているが、何度も宿泊するゲストが「帰ってきた」と感じられる変わらぬしつらえが、ヨーロッパの老舗ホテルのような安らぎを醸し出す。浴槽とウォシュレットが完備なのも日本人にはうれしいところ。

南欧をイメージした鮮やかな色使いのファブリック

南欧をイメージした鮮やかな色使いのファブリック

イギリス老舗ブランド製の絨毯はリサイクル可能な防火素材のもの

イギリス老舗ブランド製の絨毯はリサイクル可能な防火素材のもの

アメニティはドイツEco by Green Culture

アメニティはドイツEco by Green Culture

浴室にはTOTOウォシュレット完備

浴室にはTOTOウォシュレット完備

中国茶碗

中国茶碗

 

 

RESTAURANT

古風なシャンデリアが印象的な1階メインダイニング「地中海」。バイキング形式の朝食は、ホテル特製パンの美味しさで有名。ランチとディナーは台湾各地から産地直送の食材を多用したセットメニュー。酒類はワインを中心に約500種がそろう。シェフ自慢のステーキにソムリエ厳選のワインをあわせていただきたい。

シックな内装が落ち着いた雰囲気の「レストラン地中海」

シックな内装が落ち着いた雰囲気の「レストラン地中海」

1階ロビーカフェ「Oeillet」は、ケーキやパンの美味しさに定評があり、なかでもオリジナルパイナップルケーキはお土産にぴったり。アフタヌーンティーも人気。アルコールや軽食が楽しめる2階の「ヨットクラブ」では、2017年12月末から新メニュー「台湾牛肉麺」と「刈包(豚の角煮バーガー)が登場。台湾各地の厳選素材を使用したシェフ渾身の自信作だ。台湾各地の厳選素材を使用した牛肉麺は、老舗牛肉麺店にも引けをとらない味わい。シェフ渾身の自信作だ。

「Oeillet」のラムレーズン・ダックワーズとパイナップルケーキ

「Oeillet」のラムレーズン・ダックワーズとパイナップルケーキ

季節のケーキ

季節のケーキ

デニッシュパンが人気

デニッシュパンが人気

明るいフロア

明るいフロア

あっさり食べやすい牛肉麺は厳選したニュージーランド産牛肉使用

あっさり食べやすい牛肉麺は厳選したニュージーランド産牛肉使用

香りのよい角煮は花蓮産豚肉使用

香りのよい角煮は花蓮産豚肉使用

セルフトッピングが楽しい

セルフトッピングが楽しい

 

 

ACTIVITIES

周辺のアクティビティも多彩。ぜひ訪れたいのが、ホテルから歩いて行ける花博公園エリア。花博公園新生園区の「迷宮花園」では、生垣が作り出す迷路で記念撮影。路を挟んで向かいの古跡「林安泰古厝」では移築保存されている歴史ある休暇を歩きながら昔の生活に思いを馳せて。

インスタ映えスポット迷宮花園

インスタ映えスポット迷宮花園

Ubikeでサイクリング

Ubikeでサイクリング

のんびりピクニックも楽しい

のんびりピクニックも楽しい

林安泰古厝

林安泰古厝

風格のある美しい建築

風格のある美しい建築

古い建物は時が止まったよう

古い建物は時が止まったよう

MRT円山駅そばのMAJI MAJI 集食行楽では、台湾各地のこだわりの農産品が集まる神農市場でお土産探し。個性的な雑貨がならぶマーケットでは、お気に入りの掘り出し物に出逢えるかも。フードコートやレストランには台湾を初め各国の料理がそろい、一日楽しめる。円山駅からMRTを利用すれば、台北市内へのアクセスも便利。ホテルからは、毎週金曜から日曜には定時に故宮や台北101など台北市内主要スポットへ、士林夜市へは毎日、片道無料シャトルサービスも行っている。台北の休日を、思う存分遊びつくしたい。

MAJI MAJI 集食行楽フードコート

MAJI MAJI 集食行楽フードコート

雑貨や服がならぶマーケット

雑貨や服がならぶマーケット

市民が憩う緑の広場

市民が憩う緑の広場

2018年に開業25周年を迎えるホテル・リビエラ。ゆっくりホテルステイを満喫したい人に。家族で静かに過ごしたい人に。グローバルにビジネスを進める人に。すべてのゲストを大切に、これからも心のこもった温かいおもてなしのスタイルを守り続ける。

 

 

INFORMATION

欧華酒店(ホテル・リビエラ)
台北市中山区林森北路646号
+886-2-2585-3258
www.rivierataipei.com/JAPANESE/

カフェOeillet
ケーキ・ベーカリー販売 11:00-
アフタヌーンティー 14:30-16:30、軽食メニュー 11:00-21:30
予約可
 JTBを通して予約した宿泊客に、カフェで珈琲1杯とお好みのケーキ1つサービス中

地中海
朝食 6:30-22:00、昼食 11:30-14:30、夕食 18:00-22:00

 

林安泰古厝民俗文物館
台北市中山区濱江街5号
9:00-17:00、月曜および春節・清明節・端午節・中秋節休館
入館無料
linantai.taipei/

花博公園 迷宮花園
台北市中山區新生北路三段105號

MAJI MAJI 集食行楽
台北市中山区玉門街1号
月曜-金曜12:00-21:00、土曜・日曜11:00-21:00
www.majisquare.com/

 

グリーンビルディング認証とは

米環境保護庁(EPA)は、グリーンビルディングを「建築から設計、建設、運営、保守、改築、分解まで、建物のライフサイクル全体にわたって、環境に配慮し、資源効率の高い構造や方法を使用した建物」と定義している。
LEED(Leadership in Energy & Environmental Design)は、非営利団体の米国グリーンビルディング協会(USGBC)が開発・運営している、環境配慮型建物の認証制度。LEED 認証は、すでにアメリカを始め世界百カ国以上で使用されているグリーンビルディング認証の世界標準ともいえる認証制度である。

米環境保護庁(EPA)
https://archive.epa.gov/greenbuilding/web/html/about.html

LEED
https://new.usgbc.org/

 

サイクルシェアリングUbike

サイクルシェアリングUbike

サイクルシェアリングUbike

会員登録には台湾の携帯電話とICカード悠遊卡が必要だが、レンタル1回ごとにポートに設置されているキオスクでクレジットカードを使用してのレンタルも可能。

https://taipei.youbike.com.tw/home

 

Vision Creative Marketing & Media Co. Unauthorized use and/or duplication of content on this site without permission from this site’s author and/or owner is strictly prohibited. Excerpts and links may be used, provided that full and clear credit is given to Vision Creative Marketing & Media Co. with appropriate and specific direction to the original content.