台中フローラ世界博覧会 & 台中市内散策3ルート

print
台中フローラ世界博覧会 & 台中市内散策3ルート

企画構成・文/鍾昀彤・高田雅子・劉宛昀 写真/宋育玫

台中フローラ世界博覧会 & 台中市内散策3ルート

 

台中 

台中市は台湾本島西部のほぼ中央に位置する。2017 年には人口で新北市に次ぐ第二の都市に躍進した。台北からも高雄からも高速鉄道で1 時間以内という交通至便な立地だ。11 月には「台中フローラ世界博覧会」が開幕する。この魅力的な都市を訪れるには絶好の機会だ。

本編では花博の会場である台中市豊原区、后里区、外埔区とその周辺スポットを歩く。歴史文化が豊かな「中区」、文芸の雰囲気がいっぱいの「西区」、現代感あふれる「西屯区」の散歩コースを含む台中市内の人気ルートをまとめてご紹介しよう。市バスで徒歩で、または公共レンタサイクルを使って台中を巡り、都市の新たな輝きを発見しよう。

 

2018台中フローラ世界博覧会
Taichung World Flora Exposition

台中市ではこの11 月、今年度最大のイベント「台中フローラ世界博覧会」(略称:台中花博) が開幕する。AIPH(国際園芸生産者協会)認証のA2/B1 級国際博覧会で、台中市北部の外埔、后里、豊原が会場となる。環境に優しい生産、自然生態の保護、文化的な生活をテーマに、台湾の花卉、農業、生態の多様な姿を展示する。同時に、室内花卉コンクール、ガーデニングコンクールも開催され、各国の代表が園芸の技を競う。外埔、后里、豊原は観光資源も豊富。あわせて周辺のスポットも巡りたい。

2018台中フローラ世界博覧会

会 期:2018/11/3-2019/4/24
開園時間:后里馬場森林エリア・豊原葫蘆墩公園 9:00-19:00 (土日、連休は21:00 閉園)、外埔エリア 9:00-19:00
入場料 :NT$350 / 3 日券・全期間券などあり
公式H P :https://2018floraexpo.tw

 

エリア間のアクセス

后里馬場森林エリア:台湾鉄道后里駅下車後、花博シャトルバスに乗車
豊原葫蘆墩 エ リ ア:台湾鉄道豊原駅下車後、花博シャトルバスに乗車
外 埔 エ リ ア:台湾鉄道大甲駅下車後、花博シャトルバスに乗車
各エリア間は直通電動シャトルバスがつないでいる。
 三つのエリア周辺にはiBike レンタルステーションがあるり、クレジットカードでレンタル可。
http://wa.i.youbike.com.tw/index

 

台湾鉄道アクセス

 台湾鉄道台中駅から豊原駅、后里駅へ
  台湾鉄道新烏日駅(高速鉄道台中駅と連結)から台中駅へ、または縦貫海線経由で大甲駅へ。

 

おすすめコース

1.后里馬場森林エリア 豊原葫蘆墩公園 西区

2.后里馬場森林エリア 外埔エリア+外埔 大甲

3.后里馬場森林エリア 外埔エリア 豊原葫蘆墩公園 廟東夜市

 

台中花博各エリア紹介

后里馬場森林エリア

后里馬場は台湾でとくに歴史のある馬場。軍用馬の繁殖牧場として1912 年に完成し、後に観光馬場に転身した。馬場では乗馬のほか馬車やアーチェリーも体験できる。場内に残る2棟の厩舎と2 つの記念碑には一世紀の歴史がある。「台中フローラ世界博覧会」の期間中は、馬場が国際馬術競技場に改造される。入り口の展示館は蘭がテーマの国際室内庭園コンクールが開催される。

后里馬場森林エリア

 

周辺スポット

后里園区を観賞したら、サイクリングに出かけよう。「后豊サイクリングロード」は、台湾鉄道旧山線廃線路を整備した自転車道。后里馬場からスタートして、旧鉄道9 号トンネルを抜け、大甲渓鉄橋を渡る全長約4.5 キロのコースだ。

后里馬場に戻ったら、「泰安鉄道文化園区」へ。旧山線泰安旧駅の駅舎や廃線路などの鉄道遺跡見学と、素朴な老街散策を楽しもう。

泰安旧駅の近くには、一年中色とりどりの花に包まれる「中社観光花市」もある。天気がよければ、自転車でゆったり各スポットをめぐりたい。

大甲渓鉄橋

大甲渓鉄橋

9 号トンネル

9 号トンネル

泰安鉄道文化園区

泰安鉄道文化園区

中社観光花市

中社観光花市

后里馬場森林園区
 台湾鉄道后里駅より徒歩すぐ

后豊サイクリングロード
 花博馬場園区周辺のレンタサイクル店や公共レンタサイクルiBike を利用可

泰安鉄道文化園区
台中市后里区泰安里福興路52 号
「后里馬場」または「后里駅」より豊原客運バス214 に乗車、「泰安」下車すぐ公共レンタサイクルiBike を利用可

中社観光花市
台中市后里区三豊路五段333 号
8:00-18:00
 1 月- 3 月(チューリップ開花期)NT$150、4 月- 12 月NT$120
「泰安」より豊原客運バス214 に乗車、「公館(安眉路)」下車、徒歩5 分

 

豊原葫蘆墩公園

豊原葫蘆墩公園内の軟埤仔渓沿岸は、豊かな植栽が施され、自然に親しめる広大な緑地となっている。ここでは花卉、果物、穀物といった農産品を展示。また、豊原は清代から台中市北部の行政と文化の中心だった名所。豊原に伝わる中華菓子文化にちなみ、往時を偲ぶ宴会やベーキング教室を開催する。

豊原葫蘆墩公園

豊原葫蘆墩公園

豊原葫蘆墩公園

豊原葫蘆墩公園

 

周辺スポット

台湾鉄道豊原駅から豊原葫蘆墩公園までは徒歩圏内。駅に戻る途中で、寄り道して台中北部の夜市の中でも有名な「廟東夜市」へ足をのばしてみよう。豊原の信仰の中心である「慈済宮」東側の路地を中心に広がる夜市は、近隣の学生や地元の人たちでいつもにぎわっている。

廟東夜市で一番長い行列ができるのが、ヒシの実ドーナツ「菱角酥」の屋台。ドーナツ生地に包まれた、蒸し栗のようなヒシの実の食感が楽しいおやつだ。もう1 軒、夜市の中でひときわにぎわっているのが、「清水排骨酥麺」。

ごろんと大きな骨付きの豚肉のから揚げがのった麺は、あっさりスープと好相性。デザートには、「金樹鳳梨冰」のパイナップル氷がおすすめ。

慈済宮

慈済宮

境内

境内

廟東夜市

廟東夜市

清水排骨酥麺

清水排骨酥麺

菱角酥

菱角酥

金樹鳳梨冰

金樹鳳梨冰

慈済宮
台中市豊原区中正路179 号
 台湾鉄道豊原駅より徒歩約6 分

菱角酥
台中市豊原区中正路167 巷1 号
11:00-23:00

清水排骨酥麺
台中市豊原区中正路167 巷2-10 号
11:30-24:00

金樹鳳梨冰
台中市豊原区中正路167 巷2-13 号
11:00-23:00

 

外埔エリア

外埔は台中でも農業が盛んな地域で、ブドウ、ライチ、柑橘、ドラゴンフルーツなど果樹のほか、ユリ、蘭、アンスリウムといった花卉も栽培されている。外埔のワイナリーは2015 年に英国世界ワインコンクールで金賞を受賞。2 棟の展示館では、技術と文化の面から地場農業を紹介している。

外埔エリア

外埔エリア

 

周辺スポット

外埔区の隣はタロイモの名産地である大甲区。ぜひ大甲に立ち寄って、全国に名高いタロイモを味わってみよう。レトロな風情の大甲老街では、あちこちでタロイモ関連商品が売られている。タロイモそのものの風味を味わうなら、「大甲芋頭城」のタロイモとタロイモ白玉のお汁粉「芋圓湯」がおすすめ。老街では、「大甲媽祖」と敬われる台湾中部の信仰の中心「鎮瀾宮」も、あわせて参拝したい。

台湾鉄道大甲駅からバスに乗って、外埔園区付近の観光製糖工場「月眉観光糖廠」にも足をのばしてみよう。日本時代建設の製糖工場は、大型機械や小型蒸気機関車などがほぼ完全に残る貴重な産業遺産。全台湾の製糖工場で唯一の、工場煙突下に続くレンガ造りのトンネルは必見。

大甲はタロイモの名産地

大甲はタロイモの名産地

芋圓湯

芋圓湯

鎮瀾宮

鎮瀾宮

月眉観光糖廠

月眉観光糖廠

レンガ造りのトンネル

レンガ造りのトンネル

大甲芋頭城
台中市大甲区育徳路68・70 号
10:00-18:30
 台湾鉄道大甲駅より徒歩約6 分

鎮瀾宮
台中市大甲区順天路158 号

月眉観光糖廠
台中市后里区甲后路二段350 号
8:00-17:30
台湾鉄道大甲駅より豊原客運バス92 または213 に乗車、「月眉糖廠」下車すぐ

 

 

台中市内散策3ルート

中区

台湾鉄道台中駅がある中区は、台中近代化の起点となった場所で、日本時代から20 世紀末まで、もっとも繁華な一角だった。歴史の足跡や伝統の美食を訪ねるには絶好の地区といえる。緑川から遠くない場所にある赤レンガの建物「全安堂」は、台中名産太陽餅を発明した魏清海氏を記念する「台湾太陽餅博物館」だ。見学後は、太陽餅とアメリカンコーヒーのアフタヌーンティーを楽しむこともできる。

有名なアイスクリーム店「宮原眼科」のそばを流れる「緑川」には、「中山緑橋」と「桜橋」という、100 年の歴史をもつ優雅な橋がたたずんでいる。緑川から1 キロほど離れた「柳川」は、100 年前に河岸に多くの柳の木が植えられたことからこの名がつけられた。どちらも水辺の緑が美しい、おすすめの散策スポットだ。

台湾太陽餅博物館

台湾太陽餅博物館

もちろんお土産の購入もOK

もちろんお土産の購入もOK

ティールーム

ティールーム

緑川

緑川

緑川をデザインしたマンホールの蓋

緑川をデザインしたマンホールの蓋

柳川

柳川

全安堂太陽餅博物館
台中市中区台湾大道一段145 号
+886-4-2229-5559
8:00-21:00
 www.sunnycake.tw

 

台湾鉄道台中駅

1917 年完成。台湾に現存する駅舎のなかで、とくによく保存されている。2016 年には後方に新駅舎が誕生し、駅としての機能を引き継いだ。旧駅舎は今後もこの地に歴史の遺産、文化施設として保存される予定だ。

 

西区

十数年前より西区は徐々に発展し、国立科学博物館から国立台湾美術館までの間の3.6 キロの緑地「草悟道」は、西区の新しいランドマークとなった。緑地の両側に店舗が並び、アートパフォーマンスやバザーも開催されるなど、アート色の濃いエリアだ。

国立台湾美術館に近い「審計新村」の前身は1969 年創建の公務員官舎。現在は若者が創作に取り組めるアート基地にリノベーションされ、磁器、独立書店、木製雑貨、スイーツ店などバラエティに富む店鋪が入居している。くまなく見て回れば数時間かかりそうだ。

審計新村

審計新村

審計新村ー磁器店

磁器店

審計新村ー雑貨店

雑貨店

審計新村ー書店

書店

審計新村ースイーツ店

スイーツ店

古い一戸建てが多く建ち並ぶ精誠路は、デザイナー、アーティストがよく訪れる一角。路地裏の万年筆専門店「覓靜拾光」では、国際ブランドの万年筆、台湾製万年筆を販売している。店内には腰を下ろせる一角があり、コーヒーやお茶を頼み、心静かに書き物もできる。

最後は「水曜日洋菓子工房」へ。看板スイーツの「水曜日恐竜」はゴジラを下敷きに作られた恐竜型のムース。アイスクリームのような食感で、爽やかな味わいだ。店内では南投産の蜜香烏龍茶と金萱紅茶をベースにしたミルクティーもオーダーできる。

覓靜拾光

覓靜拾光

水曜日恐竜

水曜日恐竜

審計新村
台中市西区民生路368 巷(向上中学校となり)
各スタジオの営業時間による
 www.facebook.com/shenji368/

覓靜拾光(1 店)
台中市西区精誠九街10 号
+886-4-2327-0838
水曜- 土曜13:00-21:00、日曜14:30-19:00、月曜・火曜定休
 www.facebook.com/stilllight910/

水曜日洋菓子工房
台中市西区五権西三街5 号
+886-4-2376-3131
12:00-19:00、木曜定休
 www.facebook.com/Suicake/

 

西屯区

2010年前後から西屯区では大型デパート、新市政府ビル、国家歌劇院が次々に落成し、このエリアは台中市発展の新拠点となっている。台中市政府に近く、ロイター社から「世界9 大新ランドマーク建築」にも選ばれた「台中国家歌劇院」は伊東豊雄氏の設計。人類が原始に居住した洞窟と地穴をコンセプトに、梁も柱もない構造をとり、58 の曲面からなる壁を組み合わせて完成された。

大、中、小、三つの劇場があり、舞踊、演劇、音楽などの舞台芸術が鑑賞できる。館外の池や芝生はくつろぎスペースとなっている。エンターテイメントとともに建築芸術にも触れたいスポットだ。

台中国家歌劇院

台中国家歌劇院

カフェ

カフェ

ショップ

ショップ

ホール内

ホール内

歌劇院を堪能したら、「分子薬局」へ。伝統的な薬局の雰囲気とは異なり、店内は「森林実験室」をコンセプトにデザインされている。常備薬を販売するほか、欧米、台湾ブランドの天然サプリ、化粧品が購入できる。薬剤師、栄養士、美容師が常駐し、問い合わせに丁寧に応じてくれる。2 階では定期的に生活をテーマとした展示が行われている。

分子薬

分子薬

分子薬

コンセプトは森林実験室

台中国家歌劇院
台中市西屯区恵来路二段101 号
日曜- 木曜 11:30-21:00、 金曜- 土曜11:30-22:00
 www.npac-ntt.org

分子薬局
台中市西屯区恵来路二段236-1 号
10:00-22:00
 molecure.business.site

 

逢甲夜市

逢甲大学の門前に広がる大規模な夜市。台湾のユニークなB 級グルメの多くはここを発祥の地とする。台湾夜市文化を体験したいなら、まずは逢甲夜市へ。若者向きの最新流行のファッションや日用品も揃っている。

逢甲夜市

逢甲夜市

台中市西屯区文華路100 号(逢甲大学周辺)
16:00-2:00

 

 

食・宿

花博饗宴

台中花博の開幕に合わせ、台中の100 名の料理人が花博にちなむを創作料理を披露する。地元の特色ある食材を選び、花を調理に使い、料理に花の名をつけている。世界各地から訪れる花博参観客に、台中ならではの美食を味わってほしいという台中市の企画だ。

大甲のタロイモ、外埔のドラゴンフルーツ、霧峰の香米といった地元食材を使った料理は多様で、欧風、エスニック、アフタヌーンティーまでそろう。好運来洲際宴展センターは花博に合わせ「花漾料理饗宴」を提供中。前菜は干貝柱、ロメインレタス、明太子、トマトビネガー、小菊、ビーフトマトが中心のサラダ。チキンスープは霧峰の冬瓜、杭菊、食用花を煮込んでいる。どの花料理もシェフが心を込めて調理したもので、地元食材の滋味を存分に引き出している。

花博饗宴

花博饗宴

好運来洲際宴展センター
台中市北屯区崇徳路三段833 号
+886-4-2422-8972

 

台中永豊桟酒店
Tempus Hotel Taichung

Love Life花博テーマ客室

台中フローラ世界博覧会の開幕に合わせ、西屯区の永豊桟酒店は花博テーマフロアを用意した。キュートな花博のマスコット「石虎家族」を内外に配置した16 坪の広々した客室は、家族揃っての宿泊に最適だ。廊下にもカラフルな花の壁を設け、春爛漫の雰囲気いっぱいの空間を作り出している。

Love Life花博テーマ客室

Love Life花博テーマ客室

期間:2019/4/24 まで
台中市西屯区台湾大道二段689 号
+886-4-2326-8008
 www.tempus.com.tw

三好行旅
SUN HAO HOTEL TAICHUNG

2018 年にオープンした三好行旅は、三好ホテルグループの新ブランド。台中市中心部の文心路一段と市政路の交差点に位置し、精明一街商圈や台中国家歌劇院などのスポットに近接。141 室の客室は、クラシックルーム、スタンダードツインルーム、クリエイティブダブルルーム、ラグジュアリールームなどの4 タイプ。

館内は広々として明るく、心地よい空間が広がる。フロアごとに異なるインテリアデザインを取り入れており、ジム、ビジネスセンター、小型会議室、レストラン、セルフランドリーなどの設備も充実している。

三好行旅

三好行旅
三好行旅
台中市南屯区文心路一段552 号
+886-4-2320-8777
 www.sunhaohoteltxg.com

 

台中金典酒店
The Splendor Hotel Taichung

台中市の交通の拠点で最もにぎわう商業エリアに位置し、高速鉄道台中駅からの無料シャトルバスが唯一停車する五つ星ホテル。222 室の客室があり、4 つのレストラン、ロビーラウンジ、シガーバー、大型宴会場、屋外プールなどの施設も完備。

自然科学博物館、植物園、草悟道、勤美誠品、緑園道商店街などのスポットはホテルのすぐそば。少し遠出したい時は無料レンタル自転車で、美術園道、一中商圏、逢甲夜市など、台中の有名観光スポットへ気軽に出かけられる。

台中金典酒店

台中金典酒店
台中金典酒店
台中市西区健行路1049 号
+886-4-2328-8000
 www.splendor-taichung.com.tw

 

長榮桂冠酒店(台中)
Evergreen Laurel Hotel (Taichung)

エバーグリーンインターナショナルチェーンホテル傘下のホテル。台中市台湾大道にたち、精明一街、広三SOGO、金典緑園道などのスポットも徒歩圏内という絶好の立地。館内はスタンダードフロアと、ビジネス客向けのエグゼクティブフロア、ローレルフロアに分かれている。

レストランでは中華料理や西洋料理を提供するほか、季節ごとにさまざまなテーマで美食フェアを開催。屋外プール、SPA、ヘルスクラブ、フラワーショップ、ショッピング街などのほか、視聴覚設備、ビジネスセンター、会議室なども完備。観光にもビジネスにも最適のホテルだ。

長榮桂冠酒店(台中)

長榮桂冠酒店(台中)
長榮桂冠酒店(台中)
台中市西屯区台湾大道二段666 号
+886-4-2313-9988
 www.evergreen-hotels.com

 

威汀城市酒店
Hotel rêve Taichung

台中市大雅区の街中に位置し、中部サイエンスパーク、逢甲商店街に近接する。125 の客室は、流行と文化・芸術的要素を取り入れ、
ビジネス、レジャー客向けに快適性、窓から見える街景色を考慮してあり、上品でくつろげる。簡素ですっきりとした都会風の建物が、
伝統的な街に多元な息吹を注ぐ。

威汀城市酒店

威汀城市酒店
威汀城市酒店
台中市大雅区民生路一段100 号
+886-4-2568-0558
 www.hotel-reve.com.tw

 

 

台中花博3園区&市内散策3ルート マップ

Vision Creative Marketing & Media Co. Unauthorized use and/or duplication of content on this site without permission from this site’s author and/or owner is strictly prohibited. Excerpts and links may be used, provided that full and clear credit is given to Vision Creative Marketing & Media Co. with appropriate and specific direction to the original content.