知本 ・ 太麻里 ~台湾鉄道 途中下車の旅~

知本 ・ 太麻里 ~台湾鉄道 途中下車の旅~

企画構成/高田雅子 文/高田雅子 写真/陳正国・視野創異行銷・各ホテル

知本 ・ 太麻里 ~台湾鉄道 途中下車の旅~

 

南廻線

台湾鉄道南迴線は、屏東県枋寮駅から台東県台東駅までを結ぶ路線。沿線は海に面した区間が多く、南国らしい風景が旅の気分を盛り上げる。2020年末に全線電化開業を迎え、高雄―台東間の所要時間が30分ほど短縮された。

 

台湾鉄道
www.railway.gov.tw/tw

 

 

知本駅

台東随一の温泉郷の旅

台東県の台湾鉄道南廻線・知本駅は、日本時代に北投、礁溪、關子嶺と並んで「台湾四大名湯」に数えられた「知本温泉」の最寄り駅。温泉と森林、台湾原住民族の文化を訪ねる途中下車の旅に出発!

知本駅

知本駅

台湾鉄道知本駅からバスまたはタクシーで各スポットへ

鼎東客運バス(山線)
ett333023.com.tw/page3_14.htm

 

 

台湾原住民の文化にふれる

知本天主堂

知本に来たら、温泉のほかに現地の台湾原住民卑南族(プユマ族)の文化にも注目したい。「知本天主堂」は、プユマ族の文化に彩られたカトリック教会の聖堂。周囲を囲む石垣や聖堂の建物には、プユマ族に伝わる石を重ねて家を造る「石板屋」の建設技法が使用されており、聖堂内や建物外壁門、椅子などを飾る木彫にもプユマ族の文様や部族に伝わる物語が刻まれている。キリスト教とプユマ族の文化が交じり合った独特な美しさは一見の価値あり。

知本天主堂

知本天主堂

知本天主堂

(写真/台東縣政府)

台東縣台東市建業里知本路三段331巷15號
台湾鉄道知本駅から鼎東客運(山線)8129で「新興里」下車
※聖堂内では静かにマナーを守って参観しよう

 

卡地布文化園區

知本の旧名はプユマ語で「一緒に」「団結」の意味を持つ「卡地布(Katratripulr)」という。「卡地布文化園區」は先祖の文化と習俗を保存・継承する場。園内には巴拉冠(青年集会所)、達古範(青少年集会所)など、現在のプユマ族にとっても重要な伝統建築のほか、歴史や文物を紹介するコミュニティセンターがあり、集落の内外にプユマ族の先祖伝来の生活様式や文化を伝えている。事前にFacebookページから予約するとガイドツアーやDIY体験に参加することもできる。

巴拉冠

巴拉冠

卡地布文化園區

卡地布文化園區

(写真/台東縣政府)

台東縣台東市知本里康定街116號
089-511-015
屋外:24時間開放/コミュニティセンター:9:00-12:30、13:30-17:30、土曜・日曜定休
園内ガイド:NT$50、DIY:NT$100から
facebook.com/Katratripulr
台湾鉄道知本駅から徒歩8分
※巴拉冠、達古範などの伝統建築は観光客の立入不可
※ガイドツアー・DIYはfacebookページで事前に問合せ(中国語)

 

 

大自然に癒される

知本國家森林遊樂區

知本國家森林遊樂區

知本温泉の最奥に位置する国立森林公園。海抜110mから650m、敷地面積約110.8haの広大な園内には熱帯季節風林が広がり、多種多様な動植物が豊かな生態系を形づくっている。体力に応じて、気軽に歩ける景観歩道、険しい道のりの好漢坡歩道、樹齢100年のガジュマルの樹が佇む榕蔭歩道などを歩いてみよう。夏は小川に小石を敷き詰めた森林足浴場での足裏マッサージが気持ちいい。ハイキングや登山のほか、珍しい植物や野鳥、昆虫の観察にも最適のスポットだ。

台東縣卑南鄉溫泉村龍泉路290號
089-510-961
9月-6月7:30-17:00、7月-8月7:30-18:00
平日NT$80、土曜・日曜・祝日NT$100、学生・7歳から12歳の児童NT$50、3歳から6歳・65歳以上NT$10、0歳から2歳無料(要保護者同伴)・障がい者無料
www.forest.gov.tw/0000188
台湾鉄道知本駅から鼎東客運(山線)8129で「內溫泉(森林遊樂區)」下車、徒歩3分
※各種優待入場は身分証明証を提示

 

知本林道瀑布

知本駅から温泉郷に向かう194号線道路の溫泉路120巷入口から山中を3㎞ほど進んでいくと、林道わきの小さな滝に出逢う。林道わきにあるため、車を降りてすぐに滝の前に立ち、水の流れる音を聞き、新鮮な空気を味わうことができる。知る人ぞ知る穴場スポットだ。

台東縣卑南鄉知本林道
台湾鉄道知本駅から鼎東客運(山線)8129で「鎮樂」下車、徒歩40分
※チャータータクシー利用をおすすめ

 

 

日帰り温泉で遊ぶ

知本温泉は台東有数の温泉地。知本に来たからには温泉入浴を楽しみたいけれど、宿泊する時間がない。そんなときは、温泉プールや温泉SPAを備えたホテルの日帰り温泉へ!

 

東台溫泉飯店

温泉の泉質は硫化物を含む弱アルカリ性の炭酸水素塩泉で、源泉の温度は100度に達する。やや白みを帯びたとろみのあるお湯で、肌がしっとり、つるつるになる「美肌の湯」だ。知本溪に面した「東台溫泉飯店」の屋外温泉エリアは、ドイツや日本の温泉保養地をモデルにしたレジャー温泉。施設が多彩で営業時間も長いため、家族で1日中たっぷり遊べる。

渓流を眺めながら入浴できる高温の温泉

渓流を眺めながら入浴できる高温の温泉

温泉プール

温泉プール

東台溫泉飯店

台東縣卑南鄉溫泉村龍泉路147號
089-512-918
6:30-23:00
NT$350、児童NT$250(身長80~140㎝)
www.dongtair-spa.com.tw
台湾鉄道知本駅から鼎東客運(山線)8129で「東台飯店」下車
※屋外温泉エリアは要水着・水泳帽着用

 

ㄚㄧㄚ旺溫泉渡假村

「ㄚㄧㄚ旺(A-YA-WAN)」はプユマ族の言葉で「頭目」を意味する言葉で、雄大な大自然に囲まれた温泉の様子を表している。日帰り利用ができる屋外温泉エリアには、温泉100%の露天風呂をはじめ、温泉プール、温泉サウナ、冷泉SPA噴水エリアなどが勢ぞろい。なかでも縦50mの温泉プールは知本温泉で最長を誇る。頭を出して1人で入るレトロな温泉サウナにもチャレンジしてみよう。

知本温泉最長50mの温泉プール

知本温泉最長50mの温泉プール

冷泉SPA・水遊びエリアの噴水

冷泉SPA・水遊びエリアの噴水

ㄚㄧㄚ旺溫泉渡假村

台東縣卑南鄉溫泉村龍泉路136號
089-515-827
8:00-12:00、13:00-17:00

大人:月曜-金曜NT$250、土曜・日曜・祝日NT$300、春節期間NT$500
子供:月曜-金曜NT$150、土曜・日曜・祝日NT$200、春節期間NT$300
www.ayawan.com.tw
台湾鉄道知本駅から鼎東客運(山線)8129で「泓泉飯店」下車、徒歩3分
※屋外温泉エリアは要水着・水泳帽着用

 

東遊季溫泉渡假村

青い空と山の緑に囲まれた開放感あふれる大規模温泉リゾートホテル。知本溪の北岸に位置しており、源泉の温度は40度前後。お湯は無色透明・無臭の弱アルカリ性の炭酸水素塩泉で白い湯の花を含んでいる。屋外温泉エリアの施設は、温泉SPA、温泉露天風呂、温泉プール、児童温泉プール、サウナなどバラエティ豊か。入浴後に温泉卵を作るのも楽しみだ。

敷地面積3000坪の広々とした屋外温泉エリア

敷地面積3000坪の広々とした屋外温泉エリア

東遊季溫泉渡假村

東遊季溫泉渡假村

台東縣卑南鄉溫泉村溫泉路376巷18號
089-516-111
12:30-13:00、17:30-18:00
NT$300、12歳以下・65歳以上・障がい者NT$150、3歳以下無料
www.toyugi.com.tw
台湾鉄道知本駅から鼎東客運(山線)8129で「東遊季」下車、徒歩8分
※屋外温泉エリアは要水着・水泳帽着用
※各種優待入場は身分証明証を提示
※乳幼児・障がい者には付き添いが必要

 

 

温泉で泊まる

知本老爺酒店 Hotel Royal Chihpen

1樓大廳__達悟族(雅美族)傳統拼板舟

2022年11月に開業30周年を迎える知本温泉随一の高級リゾートホテル。館内は台湾原住民族文化をベースにモダンなデザインを取り入れたインテリアで、落ち着いた雰囲気の中にエキゾチックなエッセンスも感じられる。

精緻客房

飯店外觀

ホテルのアクティビティは、男女別の露天風呂と屋内大浴場、温泉プール、温泉卵DIYなどの温泉体験をはじめ、伝統食DIY、弓矢体験、地元歌舞団の歌とダンスのショーなどの台湾原住民族文化体験まで多彩。

露天風呂「星月風呂」

露天風呂「星月風呂」

アーチェリーを使った弓矢体験

アーチェリーを使った弓矢体験

温泉卵DIY

温泉卵DIY

台湾原住民族の歌とダンスのショー

台湾原住民族の歌とダンスのショー

食事は鉄板焼きの「酋長鐵板燒」、ビュッフェスタイルの「那魯灣餐廳」など4つのレストラン&カフェ・バーで旬の素材や地元食材を使った料理がいただける。緑に包まれた露天風呂に浸かって日ごろの疲れを癒し、朝は鳥の声で目覚める。そんな、ゆったりと流れる贅沢時間を満喫したい。

酋長鐵板燒

酋長鐵板燒

酋長鐵板燒

台東縣卑南鄉溫泉村龍泉路113巷23號
089-510-666
www.hotelroyal.com.tw/zh-tw/chihpen
1.台湾鉄道知本駅から鼎東客運(山線)8129で「清覺寺」下車、徒歩7分
2. 台湾鉄道知本駅からタクシーまたはホテルの有料送迎車で15分

 

 

太麻里駅

日の出の郷の美しい風景

台東県の太麻里駅は、海抜約50mの高台から太平洋が一望できる駅。太麻里は古来より台湾原住民排灣族(パイワン族)が開墾してきた土地で、美しい太平洋の風景と夏の金針花で知られる海辺の街だ。

太麻里駅

写真撮影スポットとしても人気の駅前の坂道

写真撮影スポットとしても人気の駅前の坂道

太麻里駅

台湾鉄道太麻里駅からレンタルバイクまたはタクシーで各スポットへ
※タクシーは事前予約をおすすめ

太麻里鄉公所・タクシー業者一覧表
bit.ly/3cJrZmP
※太麻里駅周辺は大王村

 

千禧曙光紀念園區

太麻里の地名の由来となった「Tjavualji」という言葉はパイワン語で太陽が昇る場所を指す。太麻里の海岸は台湾東部有数の日の出観賞スポットとして知られており、とくに初日の出を迎えるカウントダウン音楽祭は全国から観光客が集まる名物イベントになっている。公園入口にたつ「曙光之舞(夜明けの光のダンス)」と書かれた記念碑は人気の記念撮影スポット。海岸では夜になると満天の星を眺めることもできる。波の音に耳を傾け、潮風を胸いっぱいに吸い込もう!

千禧曙光紀念園區

千禧曙光紀念園區

台東縣太麻里鄉南迴公路35號
台湾鉄道太麻里駅から徒歩11分

 

金針山

金針山

ユリ科の植物「金針花(ワスレグサ)」は太麻里の特産品。市街地から車で30分ほどに位置する海抜1450mの金針山が一大産地となっており、7月中旬ごろから9月にかけて満開を迎えると、山の斜面一面が黄金色に染まる。山上からは遠く太平洋も見渡せ、急峻な緑の山々と黄金色の花畑が織りなす風景は夢のような美しさだ。毎年満開の時期に合わせて花祭りも開催され、多くの観光客でにぎわう。

金針山

「青山農場」をはじめとした金針山の農場や民宿では金針花を使った料理を提供している。新鮮な生の金針花のつぼみの天ぷらや炒め物は産地ならではの味。乾燥させたつぼみは漢方では「金針菜」と呼ばれ、むくみ予防や止血作用、体の余分な熱をとるとされている。スープにするとシャキシャキした食感になる。目と舌で楽しんで、金針花のお花見を満喫しよう!

金針花のスープ

金針花のスープ

金針花のつぼみの天ぷら

金針花のつぼみの天ぷら

金針花の乾物はお土産にぴったり!

金針花の乾物はお土産にぴったり!

金針山青山農場

太麻里鄉公所(開花状況・イベント告知)
facebook.com/taimali.township

太麻里金針山休閒農業區
台東縣太麻里鄉大王村

金針山青山農場
台東縣太麻里鄉大王村佳崙17鄰196號(金針山)
089-781-677
入園料NT$80(飲食割引券として利用可)
ching3.jri.tw
台湾鉄道太麻里駅からタクシーで約30分
※事前に営業時間の電話確認をおすすめ

 

 

知本駅&太麻里駅 途中下車の旅マップ

 

※掲載情報は取材時のものであり、現在の情報とは異なる場合があります。

Vision Creative Marketing & Media Co. Unauthorized use and/or duplication of content on this site without permission from this site’s author and/or owner is strictly prohibited. Excerpts and links may be used, provided that full and clear credit is given to Vision Creative Marketing & Media Co. with appropriate and specific direction to the original content.