高雄LRT ライトレールで哈瑪星の魅力を体験!

print
高雄LRT ライトレールで哈瑪星の魅力を体験!

文/台湾に行きたいわん編集部 写真/台湾に行きたいわん編集部

高雄LRT

高雄環状ライトレール

第一次エリア開通!!哈瑪星の旅がもっと便利に!!

日本時代に本格的開発が進められた高雄は、南北幹線鉄道の終点であると同時に、近代的な港湾都市として発展を遂げた。港のそばに新開地として拓かれた今日の哈瑪星(ハマシン=鼓山区)と鹽埕区は当時もっとも急激な変貌をみたエリアである。

近年、この一帯は次第に様変わりしつつある。昔の古い駅舎とホームは完全な形で保存され、鉄道歴史文物と旧プラットホーム、蒸気機関車からなる「打狗鉄道故事館」となり、港に面する倉庫群も「駁二芸術特区」として生まれ変わり、多くの特色あるショップが入店。高雄で最も人気のある観光エリアとなった。

哈瑪星までは、高雄MRTのほか、今年2017年9月末にLRT第一次エリアが全線開通して話題の「高雄環状ライトレール(軽軌、LRT)」でのアクセスが可能。LRTの開通により、高雄港湾岸エリア沿いの移動はさらに便利になった。

今回は、LRTの駁二大義駅、駁二蓬萊駅、そして第一次エリア終点の哈瑪星駅の三駅で途中下車。のんびり気の向くままに、歴史と文化の特色あふれる港町高雄の魅力を体験してみよう!

 

 

駁二大義駅C12

60年代から70年代にかけての高雄鹽埕区は、高雄港に接する立地から繁栄を極めていた。日本時代末期から高雄市役所が移転するまで、当地は高雄の政治・商業の中心だった。そして今は時代が移り、人気を集めているのは、高雄最大のアートエリア「駁二芸術特区(The Pier-2 Art Center)」である。1970年代に創建された高雄港第二ハーバーの倉庫を再利用して、実験的野心を秘めた新しい文化村に再生されたもの。

駁二芸術特区(The Pier-2 Art Center)

倉庫の壁に描かれたプラットホームの3Dアート

駁二芸術特区(The Pier-2 Art Center)

大義倉庫

「駁二」は大きく大勇倉庫群・蓬莱倉庫群・大義倉庫群という三つのゾーンに分けられる。「駁二」に入ると、倉庫群のなかに個性的なショップが隠れている。伊日美学駁二芸術空間・火腿芸廊といったアートのスペース、そして礼拝文具房および本東倉庫といった雑貨店も思わずを足を止めさせる。

個性的なショップ

思わず足を止めてのぞきたくなる個性的なショップが多い

散策のほかに、西臨港線自転車道の海辺の景色の中、サイクリングを楽しむこともできる。自転車に乗って公共スペースに配置されている独創的な芸術作品をめぐってみよう。南国の青空と燦々と輝く陽光のコントラストに、思わず写真を撮る手が止まらなくなるかも。蓬莱路を経て高雄漁人ハーバーに至れば、港の風景がひろがる。ここから眺める日没は、まさに特別な美しさだ。

芸術作品

自転車道の芸術作品

芸術作品

巨大ロボットも!

高雄漁人ハーバー

高雄漁人ハーバーの夕暮れ

駁二芸術特区(The Pier-2 Art Center)
高雄市鹽埕区大勇路1号
月曜-木曜10:00-18:00、金曜・土曜・日曜・祝日10:00-20:00
pier-2.khcc.gov.tw/

 

 

駁二蓬萊駅C13

「哈瑪星台湾鉄道館」は、駁二的蓬萊倉庫群の必訪スポット。展示は、鉄道関連資料の展示、鉄道ジオラマ、哈瑪星駁二線ミニトレイン体験の三つのエリアで構成されており、異なる年代の列車のスタイルと各地の代表的な風景を通して、日本時代から現在に至る台湾各地の鉄道の風情を体験できるようになっている。

哈瑪星台湾鉄道館

鉄道ジオラマはまるで本物のよう

「哈瑪星(ハマシン)」は「浜線」に由来する。「浜線」は縦貫鉄道最南端、高雄駅と波止場の倉庫を結ぶ引き込み線を呼んだもので、ゆかりのある「駁二(ポーアール)」倉庫跡にて「浜線」にかかわる展示が行われている意義は深い。

鉄道ジオラマ

台湾鉄道1083キロを再現した鉄道ジオラマ

蒸気機関車

蒸気機関車を再現

電車運転シミュレーション

電車運転シミュレーション

資料展示エリアでは、蒸気機関車を再現して、その動力伝達の原理を学ぶことができる。鉄道ジオラマエリアでは台湾鉄道1083キロを再現。模型軌道の総延長は2キロを超え、31の貨客列車やトロッコが展示されている。館外にでたら、哈瑪星駁二線のミニトレインに乗車してみよう。蓬莱倉庫を巡って走る約10分の行程は、高雄の鉄道交通発展の歴史と街の風土を体験させてくれるだろう。

哈瑪星駁二線のミニトレイン

ミニトレインでGO!

哈瑪星台湾鉄道館

哈瑪星台湾鉄道館

哈瑪星台湾鉄道館
特区蓬莱倉庫B7・B8
10:00-18:00(金-日曜日は19:00まで)、火曜休館
NT$199
hamasen.khm.gov.tw

 

 

哈瑪星駅C14

哈瑪星は歴史の香りただよう街。まずは「打狗鉄道故事館」を訪ねよう。ここはかつて高雄で初めての鉄道の駅だった。今は鉄道歷史文物、かつてのプラットホーム、蒸気機関車が展示される。「故事館」後方のかつての線路と広い緑地はFBにチェックインするには最適の場所だ。続いて「武徳殿」と「高雄代天宮」へ向かおう。武徳殿では中国、日本、西洋の風格が融合した建築の美を鑑賞しよう。1950年代に建てられた代天宮は、内外ともに国宝級の職人の手により作り上げられている。

打狗鉄道故事館

打狗鉄道故事館のかつての線路上には蒸気機関車や客車が

打狗鉄道故事館

当時の切符や制服など貴重な文物が展示されている

武徳殿

武徳殿

高雄代天宮

高雄代天宮

西子湾の近く、山の中腹にある「打狗英国領事館文化園区」では、アフタヌーンティーが楽しめるほか、高雄港一帯の海景を一望することができる。

打狗英国領事館文化園区

赤煉瓦が美しい打狗英国領事館文化園区

打狗英国領事館文化園区

対岸の高雄85ビルも見える

西子湾一帯は夕焼けの頃がおすすめ。赤く染まる西子湾の景色は一見の価値がある。西子湾そばの中山大学脇門堤防が夕日観賞のベストスポットだ。

西子湾

穏やかな眺めが気持ちのいい西子湾

西子湾

西子湾の夕景

 

打狗鉄道故事館
高雄市鼓山区鼓山一路32号
10.00-18.00、月曜休館
takao.railway.tw/

武徳殿
高雄市鼓山区登山街36号
10.00-18.00、月曜休館

高雄代天宮
高雄市鼓山區鼓波街27號

打狗英国領事館文化園区
高雄市鼓山区蓮海路20号
09:00-19:00(最終入場18:30)、土曜・日曜・祝日09:00-21:00(最終入場20:30)
britishconsulate.khcc.gov.tw/

 

高雄市文化バス-哈瑪星線

鹽埕区と哈瑪星の周遊には、観光バスもお得で便利!

高雄市文化バス哈瑪星線は,バスチケット一枚で、当日乗り放題。車内では解說員による観光ガイドもあり、地元文化をよく理解することができる!

火曜-金曜10:00-17:00(60分に一本)、土曜・日曜・祝日10:00-18:00(30分に一本)
一日券50 元
始発「打狗鉄道故事館」、MRT橘線西子線駅2号出口 舊打狗驛(捷運西子灣站 2號出口)→ 武德殿 → 打狗英國領事館文化園區 → 高雄代天宮 → 鼓山魚市場 (渡輪站) →香蕉棚(漁人碼頭) → 駁二藝術特區 → 歷史博物館/電影館 → 舊打狗驛(捷運西子灣站 2號出口)
http://culturalbus.khcc.gov.tw

 

 

一足のばしてLRT第一エリア起点エリアへ!

高雄環状ライトレール(軽軌、LRT)

高雄LRT

LRT第一次エリアの開通によって、MRTの駅から少し離れていていた夢時代や展覧館などのスポットが一気に身近なものとなった。LRTの前鎮之心駅、夢時代駅、軟体園区駅、高雄展覧館駅、光栄碼頭駅から真愛碼頭駅の間で途中下車。新しい魅力を探る、港町高雄のぶらり旅にでかけよう。

 

 

高雄LRT  駁二大義・駁二蓬萊・哈瑪星 マップ

Vision Creative Marketing & Media Co. Unauthorized use and/or duplication of content on this site without permission from this site’s author and/or owner is strictly prohibited. Excerpts and links may be used, provided that full and clear credit is given to Vision Creative Marketing & Media Co. with appropriate and specific direction to the original content.