港都 高雄の旅 ~ 今昔物語 ~

print
港都 高雄の旅 ~ 今昔物語 ~

企画構成/鍾昀彤 文/鍾昀彤 写真/宋育玫

衛武営国家芸術センター

衛武営国家芸術センター

 

港都 高雄の旅

都会派のアート、海辺の風情を一度に満喫!

トロピカルな風情にあふれる高雄市は本島西南部に位置する人口台湾第三の都市。「The International Awards for Liveable Communities (LivCom Awards)」を受賞したこともあり、生態系を守りつつ都市開発を着実に進めてきた。新交通システム(MRT)にライトレール(LRT)が加わり、高雄市内の街歩きがとても便利になっている。

今回は高雄の都市文化をご紹介する。昨年開館したばかりの「衛武営国家芸術センター」は、台中の国家歌劇院に続く大型の国家的パフォーマンススポットとして注目を集める。

高雄ではショッピングやグルメだけでなく、個性派のカフェや小さなショップめぐりも楽しい。さらに西子湾や旗津へ足をのばせば、港町の暮らし振りに触れることができる。美景を楽しむなら高雄港のクルージングもおすすめ。

高雄

 

高雄MRT紅線・橘線、環状LRTを活用しよう。

高雄交通MAP

塩埕区の観光スポット: MRT橘線で「塩埕埔駅」下車後、徒歩で駁二芸術特区などへ。
鼓山区の観光スポット: MRT橘線で「西子湾駅」下車後、徒歩かレンタサイクルで西子湾、哈瑪星商圈などへ。
旗津区の観光スポット: 「 鼓山フェリー埠頭」または「棧貳庫フェリー埠頭」からフェリーで「旗津フェリー埠頭」下船後、徒歩で各スポットへ。
紅毛港文化園区  : 「棧貳庫フェリー埠頭」から文化遊艇クルーズで「紅毛港」へ。

 

 

高雄の新ランドマーク

衛武営国家芸術センター

写真/衛武営国家芸術センター

写真/衛武営国家芸術センター

高雄市鳳山の「衛武営国家芸術文化センター」は、総工費400億円を投じ、南台湾における舞台芸術の拠点を担うべく2018年10月13日にグランドオープンした。47ヘクタールにおよぶ緑地をもつ、台北の国家戯劇院・国家音楽ホール、台中歌劇院に並ぶ舞台文化の殿堂で、鳳山(フォンサン)の観光スポットとしても注目されている。

本体建築はオランダ人建築家Francine Houben氏が、周辺の樹木群からインスピレーションを得て設計した。ガジュマルの古木の印象を流れるような曲線で表現し、周囲の環境と見事に融合している。

写真/衛武営国家芸術センター

写真/衛武営国家芸術センター

写真/衛武営国家芸術センター

写真/衛武営国家芸術センター(イベント時)

屋内には歌劇院、音楽ホール、戯劇院、パフォーマンスホールがあり、野外ステージは公園の芝生とあわせて3万人を収容できる。室内音楽ホールにはアジア最大、パイプ数9085本のパイプオルガンを設置している。また、音楽ホールは台湾で唯一ヴィンヤード(ぶどう畑)スタイルを採用しており、いずれの座席でも最高の音質で鑑賞できる。

写真/衛武営国家芸術センター

写真/衛武営国家芸術センター

館内の商業スペースは5000坪に達し、カフェ・レストラン・高雄のギフトショップが並ぶ。ドアも柵もない開放的な空間で、ゲストは自由にどこからでも出入りできる。まさに自然と文化、そして暮らしが見事に溶け込んだ市民自慢のスポットだ。

衛武営国家芸術センター

衛武営国家芸術センター

高雄市鳳山区三多一路1号
+886-7-262-6666
11:00-21:00
 www.npac-weiwuying.org

 

MRT橘線沿線のアートに注目

かつて工業都市だった高雄は、近年「アジア・ニューベイエリア(Asia’s New Bay Area)」をテーマとした産業構造の転換に力を入れており、多数の建築プロジェクトを進めている。

高雄観光の足となるMRT路線は2本。1本は南北方向の紅線で、もう1本は東西方向の橘線だ。MRT橘線は東西わずか20分たらずの路線だが、沿線にアートスポットが多い。

「85大楼」付近の「高雄市立図書館総館」は2014年末の開館。特殊なサスペンション構造のグリーン建築はきわめて個性的で、柱の代わりにケーブルを使うことで、明るい空間を作り出し、中央の吹き抜けや屋上の植栽が自然との一体感を醸している。

高雄市立図書館総館

高雄市立図書館総館

同じく2014年に開館した「高雄展覧館」は、台湾では珍しい港に隣接するコンベンションセンター。波状の外観は周囲に広がる港湾の風景と見事に呼応している。

高雄展覧館

高雄展覧館

「大東文化芸術センター」は高雄鳳山区にある多機能文化パーク。風の流れ、光と影、雨を設計のイメージとして取り込み、オリエンタルな禅の美学を表現している。バラエティ豊かな館内施設をもち、なかでも台湾初の芸術図書館が好評だ。

大東文化芸術センター

大東文化芸術センター

MRTの紅線と橘線が交差する美麗島駅は、イタリア人作家の作品「光之穹頂」が設置されている駅の構内そのものが芸術作品だ。

光之穹頂

光之穹頂

美麗島駅-光之穹頂
高雄市新興区中正路と中山路の交差点

大東芸術文化センター
高雄市鳳山区光遠路161号
火曜- 土曜10:00-21:00、日曜10:00-17:00、月曜休館

高雄市立図書館総館
高雄市前鎮区新光路61号
10:00-22:00(土曜・日曜21:30 入館停止)
祝日開館時間10:00-17:00(16:30 入館停止)、旧暦大晦日閉館、月曜休館
 ガイドツアー:中国語、英語、日本語による定時ツアーの他、団体はガイドツアーを予約可。
 www.ksml.edu.tw

高雄展覽館
高雄市前鎮区成功二路39号
9:00-18:00
 www.kecc.com.tw

 

 

おしゃれ散歩

桟貳庫KW2

哈瑪星でタイムトリップ

「哈瑪星(ハマシン)」の地名は、日本時代の「浜線」に由来する。1908年に埋立が始まり、高雄港とともに市街地が形成され、高雄は台湾随一の規模を誇る港湾都市へと成長した。当時、新市街を走っていた臨海鉄道が「浜線」だった。このエリアには観光スポットが豊富で、MRT橘線、LRT、自転車が利用できるという利便性もあり、いまでは人気の地区となっている。

桟貳庫KW2

桟貳庫KW2

昨年、高雄港エリアの漁人埠頭に新たな観光スポット「桟貳庫」がオープンした。もとは1914年に建設された赤レンガの倉庫で、MRT西子湾駅とLRT駁二蓬莱駅に近接する。2003年より改修工事が行われ、昨年リニューアルオープンした。

素朴な倉庫の空間を生かした、行楽・カルチャー・グルメのスペースをもつ美しい港湾のアート基地だ。地元の職人たちとタイアップした30ものブランドが進出しており、本格的な台湾料理を味わい、高雄ならではの手土産を購入できる。

桟貳庫KW2

桟貳庫KW2
桟貳庫KW2

「桟貳庫」に近い「哈瑪星八米社区」にはノスタルジックな面影が豊富に残っている。徒歩か自転車で、古い建物をのんびり巡ってみたい。鼓元街にある「書店喫茶一二三亭」は日本時代の高級料亭。いまはレトロな雰囲気の茶館に生まれ変わっている。日本語の書籍もおかれていて、食事とともに台湾茶が楽しめる。

書店喫茶一二三亭

書店喫茶一二三亭

桟貳庫KW2
高雄市鼓山区蓬萊路17号
+886-7-531-8568
日曜- 木曜10:00-21:00、金曜・土曜10:00-22:00

書店喫茶一二三亭
高雄市鼓山区鼓元街4号2階
10:00-18:00、月曜定休
 ミニマムチャージ: 一人一品/現金のみ/サービス料: 無/予約: 平日可

 

駁二芸術特区The Pier-2 Art Center

「駁二」でアートに染まる

60年代の高雄市塩埕区は、高雄港のそばにあって活況を呈した。日本時代末期から高雄市政府が移転した90年代まで、ここは高雄の政治・経済の中心地だった。かつて砂糖や魚粉が保管されていた倉庫群は一時期放置されていたが、現在は文化創造の集落「駁二芸術特区」に変身!

駁二芸術特区

駁二芸術特区

「駁二芸術特区」には雑貨を中心にユニークな店舗が集まっている。MRT 塩埕埔駅からゆっくり10分ほど歩くと、2階建ての雑貨専門店「本東倉庫商店」が現れる。1階には、多彩な生活小物やさまざまな画風の絵葉書が並び、2階では手帳の手作りが楽しめる。趣向を凝らした絵葉書は、店が郵送を代行してくれる。軽食のスペースもあり、午後のひと時をゆったり過ごすことができる。

本東倉庫商店

本東倉庫商店

本東倉庫商店
本東倉庫商店

近くの「逗点井字商行」では画材やキャンバスバッグを取り扱う。フランス印象派ご用達の「Charvin」の製品、古い防水キャンバス地で作られたスイスのブランド「Freitag」も販売している。アート布バッグの専門店「有豆袋店」では思いがけないお気に入りに出会えるかもしれない。

逗点井字商行

逗点井字商行

有豆袋店

有豆袋店

有豆袋店
有豆袋店

本東倉庫商店
高雄市塩埕区光栄街1号
+886-7-521-9587
月曜- 木曜10:00-18:00、金曜- 日曜10:00-19:00

駁二芸術特区The Pier-2 Art Center
有豆袋店
高雄市塩埕区新化街103号
+886-7-521-9587
平日10:00-18:00、週末10:00-20:00

逗点井字商行
高雄市塩埕区莒光街7号
+886-7-521-3123
平日10:00-18:00、週末10:00-19:00

 

 

塩埕区 B級グルメ

大摳胖炭烤三明治

看板メニューの炭火焼サンドイッチ「碳烤三明治」は、炭火で焼いた3枚のパンにキュウリ、ハム、タマゴを挟む。シンプルな食材に淡い炭火の香りと特製ドレッシングが爽やか。

大摳胖炭烤三明治

高雄市塩埕区大公路78号
+886-7-561-0262
7:00-10:50、18:00-22:50

 

冬粉王

1970年創業の老舗。一番人気の春雨スープ「冬粉湯」は、長時間煮込んだ豚骨ベースのスープに、ゆでた肉類をのせる。さっぱりしたスープに滑らかな春雨が絶妙の組み合わせだ。

冬粉王

高雄市塩埕区七賢三路168号
+886-7-551-4349
9:00-20:00

 

高雄婆婆冰

1934年創業の老舗。新鮮なフルーツを組み合わせたかき氷「超級水果氷」は、地元の人たちはもちろん、遠方からも多くの人がやって来る。夏バテも吹き飛ばしてくれそうだ。

高雄婆婆冰

高雄市塩埕区七賢三路98-12号
+886-7-561-6695
11:00-22:00

 

BUONOPOPS

低脂肪低カロリーのフルーツアイスキャンディーとコーンアイスが主力。添加物を加えず果実のみを使用しているため、フレッシュな自然な甘みが楽しめる。

BUONOPOPS

高雄市塩埕区五福四路154号
+886-7-531-3386
12:00-21:00、水曜定休

 

李家圓仔冰

地元の人に愛される白玉入り「八宝冰」の老舗。冬場は季節限定のお汁粉も人気。白玉はたっぷりと弾力があり、噛むほどに餅米の香りが感じられる。

李家圓仔冰

高雄市塩埕区新楽街213-35号
+886-7-521-1418
12:30-21:30、月曜定休

 

双妃奶茶

塩埕区新楽街は「奶茶一條街(ミルクティー街)」と呼ばれている。中でも人気の「双妃奶茶」のメニューは4種。それぞれ甘さと香りが違うので、気分に合わせて選びたい。タピオカをお好みで加えることもできる。

双妃奶茶

高雄市塩埕区新楽街173号
+886-7-521-8300
9:00-21:00

 

 

西子湾 B級グルメ

丹丹漢堡

東洋と西洋がコラボしたハンバーガー店。高雄でしか味わえない名物で価格も手ごろなことから多くの観光客が訪れる。ハンバーガー、フライドチキンのほか、温かい台湾風素麺や広東粥など中華風メニューもスタンバイ。

丹丹漢堡

西子湾店
高雄市鼓山区臨海二路24号
+886-7-533-0573
7:00-21:00、木曜定休

 

碼頭阿姨蛋餅

店主が大量の生地と溶き卵を鉄板に流し入れ、一瞬にして数十人分の巨大な台湾式クレープ「蛋餅」を作るさまが実に豪快。シンプルな材料を使った、誰もが懐かしさを感じる台湾伝統の味。

碼頭阿姨蛋餅

高雄市鼓山区鼓山一路17号
6:00-12:00

 

善変的包子

中華風朝食の専門店。焼き餃子「鍋貼」、台湾式クレープ「蛋餅」、ネギパイ「葱抓餅」など定番メニューが並ぶ。一番人気は肉まん「肉包」とタロイモまん「芋頭捲」だ。

善変的包子

高雄市鼓山区臨海二路16号
+886-7-531-7912
0:00-12:00、18:00-00:00

 

蘇阿嬤鶏蛋酥

鼓山フェリー乗場わきで1963年から営業している揚げドーナツ「鶏蛋酥」の店。蘇阿嬤(蘇おばあさん)オリジナルレシピの鶏蛋酥は、プレーン、小豆、カレーの3種類。

蘇阿嬤鶏蛋酥

高雄市鼓山区浜海一路96号
+886-955-972-771
14:00-21:00、木曜定休

 

 

漁村の風情を満喫

紅毛港文化園区

紅毛港文化園区

「2度目の高雄」におすすめなのが、港内のクルージングと「紅毛港文化園区」。「桟貳庫フェリー埠頭」クルーズが出ており、海上から高雄港を一望できる。

「紅毛港文化園区」は高雄市小港区に位置する。敷地3.5ヘクタールの漁村文化がテーマの文化公園だ。ここにはかつて紅毛港と呼ばれる漁村があったが、2007年に村が移転。「高雄港洲際コンテナセンター」が整備され、一部の区画に、高雄市の手で文化公園が設置された。

紅毛港文化園区

紅毛港文化園区

園内には天空遊歩道、屋内外の展示館、「高」の字型の塔、展望台、埠頭、乗船待合室がある。古い建物をリノベーションした展示空間では、紅毛港漁村の歴史を紹介している。

紅毛港文化園区

園区のランドマークである「高」の字型のタワーにはレストランがあり、美食と美景が一度に楽しめる。1階はおでん、カラスミなどの軽食を提供し、2階は海の幸が楽しめる回転レストランになっている。周囲を囲む古民家、出入りする大小の船舶、そして黄昏時には茜色に染まる360度の絶景が楽しめる。

紅毛港文化園区

紅毛港文化園区
高雄市小港区南星路2808号
+886-7-871-1815
月曜- 金曜15:00-20:00、水曜定休、土曜・日曜・祝日10:00-21:00
 NT$99
 hongmaogang.khcc.gov.tw
 船の時刻表は文化遊艇クルーズ公式サイトを参照
 culturalcruise.khcc.gov.tw

 

旗津

太陽が燦燦と降り注ぐ旗津(チーチン)は、高雄港を対岸から一望できる美景が自慢。3月から4月にかけての春がベストシーズンだ。MRT とフェリーを組み合わせればアクセスは簡単。MRT 西子湾駅から徒歩で鼓山フェリー埠頭へ向かい、船に乗り換え10分ほどで到着できる。

鼓山フェリー

鼓山フェリー埠頭

鼓山フェリー

夕日も美しい

旗津は旧名を旗后という。小さい島だが独特の魅力が凝縮されている。媽祖を祀る「旗后天后宮」を参拝したら旗后山の古道と砲台、山頂のトーチカ跡まで足をのばそう。旗后灯台からは高雄港が俯瞰できる。

旗津フェリー埠頭

旗津フェリー埠頭

旗后灯台

旗后灯台

旗津の埠頭を出るとシーフードレストランがずらりと並び、店頭では熱心な客引き風景が見られる。旗津で水揚げされたばかりの新鮮な海の幸を使った台湾料理は絶品。旧市街にはイカやカニを焼く屋台もあって、美食・美景・史跡が一度に堪能できる。

シーフード

シーフード

鼓山フェリー埠頭
高雄市鼓山区浜海二路1号

旗津老街
高雄市旗津区廟前路

海忠宝活海産
高雄市旗津区廟前路66号
+886-7-572-1658
平日10:30-21:00、週末10:30-22:30

 

 

高雄の宿

高雄福華大飯店
ハワードプラザホテル

台湾鉄道高雄駅から車で5分、MRT の駅や六合観光夜市も徒歩範囲と、最高の立地に位置する30階建ての高層ホテル。全271室の客室はすべてシャワールームが独立したセパレートタイプで、バスタブも完備。ビジネスルームや屋外プール、フィットネスセンターなどの設備がそろい、ビジネスにも観光にも最適。

高雄福華大飯店

高雄福華大飯店

レストランも評価が高く、なかでも上海料理レストラン「江南春」の北京ダックは、その卓越したグリル技術と味わいで、高雄はもとより台湾全国に名を響かせている。快適なサービスとともに、笑顔溢れるスタッフが親しみを感じさせてくれる5つ星ホテルだ。

高雄福華大飯店

高雄市新興区七賢一路311号
+886-7-236-2323
 www.howard-hotels.com.tw/jp/kaohsiung/home/
 北京ダックは2-3日前に予約

 

高雄麗尊酒店
ザ リーズ ホテル

台湾鉄道高雄駅から車で10分足らず、高速鉄道左営駅からも車で20分以内の好立地に位置する五つ星ホテル。パールピンクのモザイクタイルを使用したメインウオールが印象的で、大理石の床とメープル材が典雅な雰囲気を醸すロビーはアート作品が飾られ美術館のよう。

高雄麗尊酒店

ビュッフェレストラン「艾可柏菲自助料理 Cercle Buffet & Restaurant」をはじめとしたレストラン、ビジネスセンター、屋内温水プール、ジム、エステなどの設備も充実。全230室の客室はすべて10坪以上。落ち着いた雰囲気の広々した空間で1日の疲れをゆっくりと解き放つことができそうだ。

高雄麗尊酒店

高雄麗尊酒店

高雄市五福一路105号
+886-7-229-5000
 www.theleeshotel.com/thelees

 

 

港都 高雄の旅 マップ

Vision Creative Marketing & Media Co. Unauthorized use and/or duplication of content on this site without permission from this site’s author and/or owner is strictly prohibited. Excerpts and links may be used, provided that full and clear credit is given to Vision Creative Marketing & Media Co. with appropriate and specific direction to the original content.