高雄 茂林 ・ 六亀 ~台湾原住民族の里と温泉~

print
高雄 茂林 ・ 六亀 ~台湾原住民族の里と温泉~

企画構成/高田雅子 文/高田雅子 写真/季子弘・張晉瑞

高雄 茂林 ・ 六亀 ~台湾原住民族の里と温泉~

 

高雄 茂林・六亀

台湾原住民族の里と温泉をめぐる旅

高雄市中心部から車で1時間あまりの高雄市北東部は、中央山脈南麓にあたる山岳地帯。壮麗な高山が連なる土地は、「港町高雄」とは全く異なる風情を見せる。今回旅するのは、台湾原住民族「魯凱族(ルカイ族)」が暮らし、世界的な蝶の越冬地としても知られる茂林(マオリン)、高雄の著名な温泉郷の宝来温泉と不老温泉を抱える六亀(リョウグイ)。まだ知らない、奥深い高雄の魅力を体感しよう。

高雄 茂林・六亀

おすすめコース
1日目:高速鉄道左営駅➡多納➡茂林
2日目:茂林➡不老温泉
3日目:宝来➡六亀➡高速鉄道左営駅

 

 

茂林

瑠璃色の蝶が舞う秘境

高雄市東南に位置する茂林区は、区内のほとんどが原始林が多く残る山岳地帯。高山や森林、峡谷、滝などの特殊な地形や野生動物が豊富で、登山、キャンプ、蝶や野鳥の観察など、多彩なアクティビティが楽しめる。主に台湾原住民族「ルカイ族」が暮らしており、各集落を訪れると独特な伝統家屋や工芸品、郷土料理に出合うことができる。多くの蝶が越冬するために飛来する「蝶の谷」としても世界的にも知られている。

茂林 多納部落

高雄 茂林

1. 高速鉄道左営駅から高雄客運バス旗美国道10号快捷で「旗山」下車、H31に乗り換え「茂林」または「多納」下車。
2. バスの本数が非常に少ないため、チャーター利用がおすすめ。
  高雄客運バスwww.ksbus.com.tw

 

多納部落

多納石板屋

茂林 スレート家屋「石板屋」

スレート家屋「石板屋」

茂林区最奥の集落「多納部落(Kungadavane)」は、深い山に囲まれ、豊富な水に恵まれた肥沃な土地。ルカイ族が数百年にわたり暮らしてきた、台湾でもっとも古い原住民族の集落のひとつだ。集落には今でも伝統的な石造りのスレート家屋「石板屋」があり、学校や路地の塀などにも、百歩蛇や百合の花、壺、菱形など、ルカイ族の神聖な紋様をみることができる。地元の人たちの暮らしぶりを感じながらゆったり歩いてみよう。

茂林 スレート家屋「石板屋」

精緻な木彫

茂林 スレート家屋「石板屋」

茂林 多納部落の小学校

 

瑪姿餐飲店

多納ではぜひ、原住民族の郷土料理を味わってみよう。豚肉とタロイモの粉を詰めた粟の粽「小米粽」は中華粽に似ており、もっちりした粟がもち米のようで食べやすい。石板で豚肉と玉ねぎを炒めた「石板烤肉」も外せない一品だ。

茂林 多納 瑪姿餐飲店

茂林 多納 石板烤肉

石板烤肉

茂林 多納 小米粽

小米粽

茂林 多納 粟はもち米のよう

粟はもち米のよう

高雄市茂林区多納里6-1号
+886-988-063-871
8:00-17:00

 

一山沐多納咖啡屋

茂林 多納 一山沐多納咖啡屋

排湾族(パイワン族)のオーナーIsamuさんとルカイ族の夫人Megeさんがこだわりのコーヒーを提供するカフェ。スレート家屋の店内は、伝統的な木彫などが飾られた風情ある佇まい。

一番人気のメニューは、茂林特産の愛玉子(オーギョーチ)から作る冷たいゼリー。パイナップルや梅などのフルーツにシロップを合わせてさっぱりといただく。工芸品や土産物の販売もしているので、食事や散策のあとにぜひ立ち寄りたい。

茂林 多納 パイナップルと梅がさわやかな「鳳梨梅子愛玉」

パイナップルと梅がさわやかな「鳳梨梅子愛玉」

茂林 多納 一山沐多納咖啡屋
茂林 多納 一山沐多納咖啡屋
茂林 多納 愛玉の原料「愛玉子」

愛玉の原料「愛玉子」

高雄市茂林区多納里6-6号
+886-928-903-240
9:00-17:00
 www.facebook.com/Isamucafe

 

 

多納の絶景

茂林 多納 多納大橋

多納大橋

高雄市中心部から茂林区に入り、濁口渓沿いに北上していくと、大鷹と壺に護られた橋に行きつく。ここが多納への入口「多納大橋」だ。橋の下には龍の頭に似ていると言われる「龍頭山」があり、橋を渡った「龍頭山遊憩区」は自然歩道ハイキングのベストスポット。遊憩区駐車場から歩道を上がったところにある「龍頭山望夫崖」展望台からは、手前に多納大橋、奥に緑の山々が連なる絶景が見渡せる。

茂林 多納 橋の右奥の小山が龍頭山

橋の右奥の小山が龍頭山

茂林 多納 龍頭山望夫崖から見た多納大橋と多納高吊橋

龍頭山望夫崖から見た多納大橋と多納高吊橋

駐車場方向に戻ると、歩道は「小長城木桟歩道」に続いている。「小長城」という名の通り、山の嶺沿いに続くウッドデッキが万里の長城を思わせる。ここから眺める龍頭山の風景も素晴らしい。ウッドデッキを登りきり、細い道路を下っていくと「多納高吊橋」が見えてくる。吊橋は美雅谷と多納の二つの山を結んでおり、全長232m、高さ103m。百歩蛇や百合の花などのルカイ族の伝統的な文様がカラフルな色彩で描かれている。壮大な景色の前で、山の生命力を感じてみよう。

茂林 多納 小長城木桟歩道

小長城木桟歩道

茂林 多納 多納高吊橋

多納高吊橋

茂林 多納 多納高吊橋

龍頭山遊憩区
高雄市茂林区
自然歩道所要時間:往復徒歩1時間半から2時間程度。

 

 

茂林の絶景

ルリマダラ(写真/George Han)

ルリマダラ(写真/George Han)

茂林最高の絶景といえば、なんといっても冬の「紫蝶幽谷」。冬になると美しい紫色に輝く羽をもつ「紫斑蝶(ルリマダラ)」が大武山山麓へ飛来し、100万羽以上とも言われるルリマダラの越冬集団「紫蝶幽谷」を形成する。アメリカ大陸の「帝王斑蝶谷」と並び世界にわずか2か所しかない越冬型の蝶の谷は「ミシュラングリーンガイド台湾」で3つ星に選ばれた台湾随一のエコツアースポット。毎年11月から翌年3月までのシーズン中は、茂林の蝶を目指して台湾国内外から多くの観光客が訪れる。

ルリマダラ(写真/George Han)

ルリマダラ(写真/George Han)

木の葉のように見えるのはすべてルリマダラ

木の葉のように見えるのはすべてルリマダラ

茂林生態公園・賞蝶歩道は手軽なルリマダラ鑑賞スポット

茂林生態公園・賞蝶歩道は手軽なルリマダラ鑑賞スポット

生態公園から南に車で4分ほどの濁口渓にかかる「情人谷吊橋」と、吊橋から1kmほど奥の「情人谷瀑布」にも足をのばしたい。「情人谷」はルカイ族の言葉で「吐抜魯(Tbaru)」と言い、「美しい深潭」という意味を持つ。山々と渓谷が織りなす絶景を楽しみながら吊橋を渡り、緑に包まれた滝を訪ねよう。緑に囲まれた滝の前に立ち水音に耳を澄ませると、心身ともにリラックスできる。

情人谷吊橋

ルリマダラが描かれた情人谷吊橋

情人谷吊橋

橋の文様も独特な情人谷吊橋

渓谷の絶景を満喫しよう

渓谷の絶景を満喫しよう

情人谷瀑布(写真/George Han) 

情人谷瀑布(写真/George Han)

茂林生態公園(紫蝶幽谷)
高雄市茂林区茂林里
※蝶を観察するベストな時間帯は11月から3月の午前中。

 

 

茂林部落

芭特芙萊 Butterflies

茂林区の入口に位置する「茂林部落(Teldreka)」もまた、ルカイ族が暮らす集落。「芭特芙萊 Butterflies」は茂林のシンボルである蝶が店名の人気カフェレストラン。店内にはルカイ族の生活をモチーフにした絵が描かれ、風情たっぷり。カフェとして営業するほか、予約制でルカイ族の郷土料理を提供している。

芭特芙萊 Butterflies

「怎莫Zubo」は、もち米の中にタロイモ、サツマイモなどを入れ、爽やかな香りがする月桃の葉で包んで蒸しあげるベジタリアン粽。「部落香腸」は豚のひき肉やタロイモの粉などを詰めた原住民族のソーセージ。相思樹の薪で燻した香ばしい香りが特徴だ。野菜や山菜もすべて地元産。素材そのものを生かした滋味深い味わいを堪能できる。

こちらのカラフルな壁画もオーナーDefdefsさんの作品

オーナーのDefdefsさん

こちらのカラフルな壁画もオーナーDefdefsさんの作品

こちらのカラフルな壁画もオーナーDefdefsさんの作品で、白黒の作品は地元住民の方の作品。

特産品のお土産も販売している

特産品のお土産も販売している

食後は隣の資料館「茂林紫蝶3D視聴館」へ。ここではパネル展示や3Dシアターでルリマダラの生態について学ぶことができる。ビジターセンターも兼ねているので旅行の情報収集にも最適だ。

冬の風景再現コーナー

模型による冬の風景再現コーナー

ルリマダラ

ルリマダラ

3D上映室

3D上映室

3D視聴館入口

3D視聴館入口

芭特芙萊 Butterflies
高雄市茂林区茂林里1鄰16号
+886-960-806-702
9:00-16:00、火曜定休
 カフェ利用:ミニマムチャージ:1人ドリンク1杯
 www.facebook.com/maolin.butterflies
※郷土料理は5人分または10人分のコース料理。価格・内容は問い合わせ。通常は1週間前まで、11月-3月の蝶のシーズンは1か月前までに予約を。

茂林紫蝶3D視聴館
高雄市茂林区茂林里1鄰16号
+886-7-680-1111
茂林ビジターセンター:8:30-17:00
※3D上映:平日は60分に1回、週末は30分に1回上映。

 

得恩谷生態民宿

キャンプもできる広場

キャンプもできる広場

ルカイ族のオーナーBan Deleさん一家が運営する自然豊かな民宿。かつて茂林のルカイ族の人びとは、ここを通りかかった際に渓流から拾ってきた美しい石をこの土地に置いて涼を取ったといい、「得恩谷」には「石の集まる土地」という意味があるそう。プライベートな滝もある広大な敷地内には、フクロウなどの野生動物も多く暮らしている。森の生態観察を行うナイトツアーも行っており、宿泊者は無料で参加できる。ガイドの先生と歩く夜の森には驚きがいっぱい。天気が良ければぜひ参加しよう。

敷地内にはプライベートな滝も!

敷地内にはプライベートな滝も!

ナイトツアー

生態観察の先生と夜の森を冒険!

ナイトツアー

ナイトツアーでは様ざまな動植物に出会える

ナイトツアー

小さなカエルさん

宿泊棟はスレート家屋で、室内にはルカイ族の故事をモチーフとした壁画が描かれている。

宿泊棟

宿泊棟

宿泊棟
宿泊棟
コテージ棟

コテージ棟

母屋でいただく食事も大きな楽しみのひとつ。ビュッフェ式の夕食にはルカイ族の郷土料理が並び、朝食ではオーナーが早朝から仕込んで焼き上げた自家製パンがいただける。とくにフランスパンなどの欧風パンは都会の高級店にも負けない驚きの美味しさだ。食後は敷地を散策して、新鮮な空気を満喫しよう。

ルカイ族の郷土料理が中心の夕食ビュッフェ

ルカイ族の郷土料理が中心の夕食ビュッフェ

オーナーBan Deleさんが作る欧風パンは絶品!

オーナーBan Deleさんが作る欧風パンは絶品!

欧風パン

欧風パン

高雄市茂林区茂林里138号
+886-989-579-751
 ビュッフェディナー:前日までに要予約、宿泊者NT$400(春節NT$500)
 ナイトツアー:宿泊者無料
 www.5658.com.tw/6801540/Default.htm
※環境保護のため歯ブラシなどは持参しよう。

 

 

六亀

山で美人の湯につかる

高雄市北部の六亀区は、客家人と閩南人が多く暮らす地域。区内を流れる「荖濃渓」の流域にある6個の巨大な岩石が6匹の亀のように見えることから、この土地は「六亀」と呼ばれるようになったという。北端には「美人の湯」として知られる「宝来温泉」と「不老温泉」を抱える。素朴な風情に癒される山の温泉郷だ。

老樹広場から見た荖濃渓と山並みの眺望

老樹広場から見た荖濃渓と山並みの眺望

高雄 六亀

1. 高速鉄道左営駅から高雄客運バスE25バスで「六亀」下車、H11バスに乗り換え「宝来」下車。
 2. バスの本数が非常に少ないため、チャーター利用がおすすめ。
 高雄客運バスwww.ksbus.com.tw

 

観光スポット

「宝来温泉」は六亀の最北端に位置する温泉の町で、梅の名所としても有名だ。町に入ってすぐの高台にある「老樹広場」の奥に温泉山荘が集まっている。

老樹広場は休憩にぴったり

老樹広場は休憩にぴったり

一番奥の「宝来花賞温泉公園」には手湯や足湯が整備されており、気軽に温泉を体験できる。泉質は弱アルカリ性炭酸水素塩泉で、温度は60℃前後。無色透明で、肌がなめらかになるため「美肌の湯」と呼ばれている。

2019年末には宝来花賞温泉公園にSPAエリアや更衣室が完成予定

2019年末には宝来花賞温泉公園にSPAエリアや更衣室が完成予定

宝来は梅の名所として有名

宝来は梅の名所として有名

宝来から南に車で20分ほどの「六亀大仏」は、雄大な中央山脈を背に坐す大仏の荘厳な美しさで近年注目の新ランドマーク。道中にぜひ立ち寄りたい。

六亀大仏の高さは24m

六亀大仏の高さは24m

六亀大仏の高さは24m

老樹広場
高雄市六亀区宝来街1号

宝来花賞温泉公園
高雄市六亀区(宝来中学校後方)
+886-7-740-9803
9:00-17:00
 手湯:無料、足湯:NT$50、月曜休園

六亀大仏
高雄市六亀区新開路27-1号
8:00-17:00

 

ご当地グルメ

宝来では、特産の梅を使った梅料理を味わおう。カリッと揚げたスペアリブに梅風味の醤油だれをからめた「蜜汁梅子排骨」、梅ソースをつけていただく揚げ豆腐「炸豆腐沾梅子醤」、山菜の梅酢あえ「山蘇拌梅醋」など、どれもさっぱりした味付けで白いご飯にあう。食後はもうひとつの特産品「愛玉子」のスイーツを。定番のレモン味や梅味のほか、コーヒードリンク仕立ての「咖啡愛玉」や優しい甘さの「紅豆愛玉」も人気。

右上から時計回り:炸豆腐沾梅子醤、蜜汁梅子排骨、山蘇拌梅 醋

右上から時計回り:炸豆腐沾梅子醤、蜜汁梅子排骨、山蘇拌梅 醋

紅豆愛玉

紅豆愛玉はボリューム満点で2人でも多いくらい!

咖啡愛玉

咖啡愛玉

宝来小吃部
高雄市六亀区中正路34号
+886-7-688-1125
07:00–21:00

36咖啡愛玉
高雄市六亀区中正路36号
+886-7-688-1149
09:00–21:00

 

華興製茶

オンリーワンの特産品

オーナーの劉文華さんは40年以上の経験を持つ製茶師。自然農法または海抜1000m以上の高山で自生する台湾原産大葉種「喬木山茶」の茶葉を伝統技法で製茶し、花のような蜜の香りを持つ特別なお茶を作り上げている。なかでも国有林で採取する「喬木野生茶」を使ったお茶は台湾で唯一、ここだけでしか手に入らない希少品だ。

オーナの製茶師・劉文華さん(阿華師)

オーナの製茶師・劉文華さん(阿華師)

自然のままの茶葉を使う製茶は熟練の技術が必要

自然のままの茶葉を使う製茶は熟練の技術が必要

茶葉の優れた品質は海外でも評価が高く、フランス農産物振興庁(AVPA)が選出する「AVPA国際ティーコンテスト2019」で銀メダル・グルメ特別賞を受賞、優れた味覚と品質を持つ食品と飲料品に対するベルギーの国際認定「2019優秀味覚賞(Superior Taste Award)」も受賞している。

華興製茶

国有林で採取した茶葉であることを示す証明書

国有林で採取した茶葉であることを示す証明書

華興製茶

高雄市六亀区和平路145-1号
+886-7-679-1008
7:00-21:30
 www.huaxing6688.com
※日本への発送可

 

不老温泉渡假村
PU-LAO HOT SPRING HOTEL

おすすめ温泉ホテル

「不老温泉」は弱アルカリ性炭酸泉で、源泉の温度は年間を通して約48℃ほど。無色無臭で飲用もでき、皮膚病や疲労、筋肉痛に効果があると、古くから地元住民や登山客に愛されてきた。入浴後は肌がつるつるになり、若返る「不老不死の湯」としても知られる。

不老温泉渡假村

「不老温泉渡假村」は40年あまり前に高雄市初の温泉ホテルとして開業した。屋外温泉SPA施設のほか、客室内の温泉浴槽で温泉浴が楽しめる。プールやサウナ、レストラン、カラオケ、売店などの施設も充実しており、1日中ゆったり過ごせる温泉ホテルだ。

不老温泉渡假村

不老温泉渡假村

高雄市六亀区新発里新開路82号
+886-7-679-1888
 www.pu-lao.com.tw
※屋外温泉SPA施設は基本的に休日のみ営業。平日については問い合わせを。

 

 

一足のばして行きたい観光スポット

港都 高雄の旅 ~ 今昔物語 ~

港都 高雄の旅 ~ 今昔物語 ~

都会派のアート、海辺の風情を一度に満喫!

 

高雄 市街地区地下化 ~台湾鉄道 途中下車の旅~

高雄 市街地区地下化 ~台湾鉄道 途中下車の旅~

「高雄市区鉄道地下化計画」により進められていた、台湾鉄道縦貫線左営駅から屏東線鳳山駅までの高雄市街10駅の地下化が2018年10月に完了した。新しい高雄の鉄道を旅しよう!

 

美濃 ・ 旗山 ―豊かに息づく客家の文化―

美濃 ・ 旗山 ―豊かに息づく客家の文化―

高雄市中心街から茂林と六亀へ向かう手前に位置する客家の町を旅しよう!

 

 

高雄 茂林 ・ 六亀 観光マップ

 

 

※掲載情報は取材時のものであり、現在の情報とは異なる場合があります。

Vision Creative Marketing & Media Co. Unauthorized use and/or duplication of content on this site without permission from this site’s author and/or owner is strictly prohibited. Excerpts and links may be used, provided that full and clear credit is given to Vision Creative Marketing & Media Co. with appropriate and specific direction to the original content.