台湾ランタンフェスティバル 2019 屏東特集

print
台湾ランタンフェスティバル 2019 屏東特集

文/劉宛昀 写真/宋育玫・大鵬湾国家風景区管理処

大鵬湾跨海大橋(写真/大鵬湾国家風景区管理処提供)

大鵬湾跨海大橋(写真/大鵬湾国家風景区管理処提供)

 

台湾ランタンフェスティバル2019は

屏東で開催!!

屏東は台湾本島最南端の県。トロピカルムードにあふれ、年平均気温はおよそ25.5度と冬でも暖かい。三方を台湾海峡・バシー海峡・太平洋に囲まれ、多様な海岸線の景観を擁する。そのためリゾートの聖地として知られ、とくに大鵬湾や小琉球が人気を集める。

2019 年の「台湾ランタンフェスティバル」は大鵬湾で開催される。今回はメイン会場となる大鵬湾と隣接する東港、離島の小琉球をご紹介しよう。ぜひこの機会に避寒を兼ねた南部旅行を計画したい。南部最大の都市・高雄の旅や、屏東の沿海を周遊する鉄道の旅がおすすめだ。

 

地域色豊かな祭典

今年30周年を迎える「台湾ランタンフェスティバル」は屏東県東港鎮の「大鵬湾国家風景区」で開催される。大鵬湾は台湾最大の単口潟湖(口が一つの汽水湖)で、台湾で唯一の開閉式可動橋でも知られる。今年のフェスティバルは、伝統、テクノロジー、農業、熱帯といった屏東の特色を組み合わせ、紺碧の海と空を背景に盛大に開催される。全県33の町村もそれぞれの個性を生かしたランタンを出展するなど、屏東人の生命力を反映した祭典を展開する。

屏東は台湾海峡・太平洋・バシー海峡に面した長い海岸線と中央山脈の南端をかかえ、古来多様な民族が共存してきた。それだけに今年のランタンフェスティバルは、より個性的なものになりそうだ。毎年、各県市を巡って開催している台湾ランタンフェスティバルは、各地方の特色を反映して年々グレードが向上している。また、観衆も世界中から集まるようになり、いまや台湾を代表する文化イベントとなっている。

地図

 

台湾ランタンフェスティバル 2019

アクセス

フェスティバル期間中は混雑が予想されるので、公共交通機関を利用したアクセスがおすすめ。台湾高速鉄道左営駅や台湾鉄道屏東駅・林辺駅・潮州駅から会場と結ぶシャトルバスが運行される。高雄星光埠頭から大鵬湾までの海上航路も増便される。海上からの鑑賞も魅力的かもしれない。滞在期間を多めにとり、ランタンフェスティバルをゆっくり堪能しつつ、南部台湾の旅を楽しみたい。

会期
2019/2/19-3/3
 www.taiwan.net.tw/2019taiwanlantern/

 

 

大鵬湾国家風景区

大鵬湾跨海大橋(写真/大鵬湾国家風景区管理処提供)

大鵬湾跨海大橋(写真/大鵬湾国家風景区管理処提供)

2003 年に設立された「大鵬湾国家風景区」は台湾本島西南部、屏東県東港鎮と林辺郷の境界にあたる。中核をなす天然の潟湖は面積532 ヘクタールに達し、大鵬湾にかかる橋の眺望がアクセントとなっている。橋は毎日定時に開閉する。その瞬間がシャッターチャンスだ。

園内では、生態保護区で多様な生態が観察できるほか、水上・陸上の多彩なアクティビティが楽しめる。湖面が穏やかなため、インストラクターの指導を受けながらヨットやウィンドサーフィンに挑戦できる。台湾初の国際サーキットでエンジン音を響かせて走るレーシングカーも名物の一つ。水上飛行機の形を模した展望台は、8階建ての高さがあり、湾の全景を一望できる。

ウィンドサーフィン

ウィンドサーフィン

大鵬湾国際サーキット(写真/大鵬湾国家風景区管理処提供)

大鵬湾国際サーキット(写真/大鵬湾国家風景区管理処提供)

「二式飛行艇」がモデルの展望台

「二式飛行艇」がモデルの展望台

帆船基地の「風帆咖啡」

帆船基地の「風帆咖啡」

大鵬湾跨海大橋 開橋時間
夏季( 3 月- 9 月) 土・日曜17:00 より
冬季(10 月-2 月)土・日曜16:30 より

大鵬湾国家風景区管理処
 屏東県東港鎮大潭路169 号
 +886-8-833-8100
 高速鉄道左営駅から台湾好行バス「墾丁快線」に乗車。大鵬湾下車後はタクシーか徒歩。
詳細はwww.taiwantrip.com.tw

 

 

東港

東港は屏東県中西部の東港渓の河口に位置し、清代から海運で繁栄した港町だった。現在は重要な漁業基地として知られる。東港では、ぜひ「華僑市場」を訪ねたい。クロマグロの刺身、カジキ団子、サクラエビの点心など地元の新鮮な海の幸が堪能できる。

華僑市場

華僑市場
華僑市場

東港漁港漁産品直売センター(華僑市場)
 屏東県東港鎮朝隆路39 号
 11:00-20:00、第一火曜定休

 

 

立ち寄りスポット

小琉球

屏東県東港鎮の西南方に浮かぶ離島「小琉球」は台湾で唯一の珊瑚礁の島。島上は自然の生態が多様で、なかでも「花瓶岩」は人気の撮影スポット。南部は断崖、西部は砂浜が多い。年間を通して気候が温暖で、海のレジャーが楽しめる。ぜひダイビングにチャレンジし、カラフルな海中散歩を楽しみたい。

小琉球

小琉球・花瓶岩

ダイビングでウミガメに遭遇!(写真/ Peggy Chiang)

ダイビングでウミガメに遭遇!(写真/ Peggy Chiang)

 東港からフェリー利用。約30 分で小琉球白沙漁港か大福漁港に到着。電動バイクをレンタルするか、徒歩で各スポットへ。

 

高雄の旅

台北から高雄・左営駅まで高速鉄道で90分。下車後はすぐにMRT か路線バスに乗り換え、観光スポットへ直行できる。左営は古い町で、今も200年近い歴史を有する東門城壁が残る。高速鉄道の終着駅になったことから、近年は多くの観光客が立ち寄る場所になっている。

左営からは「蓮池潭風景区」へのアクセスも便利。蓮池潭では美しい水辺の景観やサイクリングが楽しめる。台湾ならではの宗教施設「龍虎塔」も有名だ。左が龍塔で、右が虎塔となっており、参観時には魔除けの意味を込めて龍塔から入り虎塔から出る。毎年蓮池潭で開催される「左営万年祭」は、ユニークな幸福祈願の儀式「迎火獅」で広く知られている。

龍虎塔

龍虎塔

龍の口から入り 虎の口から出る

龍の口から入り、虎の口から出る

かつては工業都市だった高雄も、近年は観光と文化に力を入れている。高雄港沿岸を「亜洲新湾区(Asia’s New Bay Area)」にするべく、高雄市立図書総館、高雄展覧館を建設し、将来的には「海洋文化・流行音楽センター」「クルーズセンター」などの重大投資計画も予定している。

高雄展覧館と高雄85ビル

高雄展覧館と高雄85ビル

また、台湾初のライトレール(LRT) が開通するなど、このエリアは世界に向けて大きく広げた高雄の窓になりつつある。高雄港沿岸エリアの観光にはLRT とMRT を利用しよう。LRT の沿線には大魯閣草衙道、MLD 台鋁、夢時代などの大型モールが立ち並び、思う存分ショッピングが楽しめる。MRT 西子湾駅からフェリーに乗れば旗津半島へ渡ることができる。細長いビーチで水と戯れ、高雄港の景観を満喫しよう。

大魯閣草衙道

大魯閣草衙道

ライトレール(LRT)

高雄ライトレール(LRT)

蓮池潭
 MRT 左営駅から301 路線バスで「蓮池潭」下車すぐ

 

屏東の旅

台湾西部幹線の南端にあたる「屏東線」は、屏東駅から枋寮駅までをつなぐ。中間に大小10あまりの駅があり、中でも屏東駅と潮州駅が交通の要衝だ。都市部から海辺の街へと移り変わる風景が印象的な鉄路の旅となるだろう。

屏東駅近くの「勝利文創パーク」は、かつて国軍の軍人家族が暮らしていた集落跡。今はアーティストに開放された文化スポットに生まれ変わり、不定期で作品展が開催されているほか、カフェやユニークなショップが続々進出し、多くの若者たちでにぎわうようになった。

勝利文創パーク

勝利文創パーク

驛前大和コーヒー

驛前大和コーヒー

屏東駅に次ぐ規模をもつ潮州駅の名所といえば、地元の人たちの信仰の拠り所となっている「三山国王廟」。周辺の街道には、かき氷店、カフェ、青草茶専門店などご当地B 級グルメの店がひしめき、午後の散策に最適だ。

三山国王廟

三山国王廟

潮州名物・肉圓

潮州名物・肉圓

勝利文創パーク
 屏東県屏東市青島街106 号

 

 

一足のばして行きたい観光スポット

東港 大鵬湾 小琉球 ―海の楽園―

東港 大鵬湾 小琉球 ―海の楽園―

台湾ランタンフェスティバル2019メイン会場周辺スポット情報をもっと詳しく!!

 

岡山 ・ 橋頭 ・ 新左営 ~台湾鉄道 途中下車の旅~

岡山 ・ 橋頭 ・ 新左営 ~台湾鉄道 途中下車の旅~

高雄市内で最初に特急が停車する岡山駅から、新幹線の左営駅に連結している新左営駅まで途中下車!

 

高雄 ・ 鳳山 ・ 九曲堂 ~途中下車の旅~

高雄 ・ 鳳山 ・ 九曲堂 ~台湾鉄道 途中下車の旅~

港町高雄で、のんびり休日を楽しもう!

 

屏東 ~台湾鉄道 途中下車の旅~

屏東 ~台湾鉄道 途中下車の旅~

九曲堂駅から河を超えて、屏東にでかけよう!

 

麟洛 ・ 西勢 ・ 竹田 ~台湾鉄道 途中下車の旅~

麟洛 ・ 西勢 ・ 竹田 ~台湾鉄道 途中下車の旅~

屏東駅から南下して、楽しいスポットを訪ねてみよう!!

 

潮州 ~台湾鉄道 途中下車の旅~

潮州 ~台湾鉄道 途中下車の旅~

竹田駅の次の駅、潮州駅は美味しくて楽しいレトロタウン!

 

※掲載情報は取材時のものであり、現在の情報とは異なる場合があります。

Vision Creative Marketing & Media Co. Unauthorized use and/or duplication of content on this site without permission from this site’s author and/or owner is strictly prohibited. Excerpts and links may be used, provided that full and clear credit is given to Vision Creative Marketing & Media Co. with appropriate and specific direction to the original content.